”見込み客数”がアクセス解析で見える!

公開日: : ホームページ運用

あなたの会社の製品やサービスに、興味を持ってくれている人、購入する可能性のある人は「見込み客」です。
見込み客が多ければ多いほど、ビジネスの機会は多くなりますよね。
ホームページを閲覧してくれた人の中でも、
・複数回アクセスしている
・定期的にアクセスしている
・製品やサービスのページを見ている時間が長い
というような人は充分見込み客と言えますし、さらに
・お問い合わせフォームからメールを送ってくる
・資料請求の依頼が来る
という場合は、よりニーズが高く、単に返信したり資料送付をしているだけではなくアプローチすべきです。
ホームページのアクセス解析をとることで、この見込み客がどのくらいいるかを見ることができます。
見込み客のアクセスがどんなページに集中しているのか、逆に人気のないページはどんなページか、その理由を調べ、解析していくことで、ホームページをより良くしていくことができるのです。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、ホームページの閲覧者(ユーザー)の特性や環境を調査することです。
例えば
・何人がホームページを閲覧したか
・何時台の閲覧が多いのか
・どのページをどのくらいの時間閲覧したか
・使われている検索エンジンは何か
などが「特性」にあたりますし
・閲覧者が使っているのはパソコンなのか、スマートフォンなのか
・ブラウザは何を使っているか
・画面サイズは何か
などが「環境」にあたります。
解析をするためには専用のツールがあり、必要なコードをホームページ側に埋め込むことで利用することができます。
アクセス解析でとれるデータは、ツールや設定によってさまざまですが、正しく使えばかなり細かいデータもとることができるのです。

150501_1

どうやって使うの?

前述のとおり、必要なコードをホームページ側に埋め込むことで利用できます。
サーバー環境によっては標準で装備されている場合もありますので、ぜひご相談ください。
コードの埋め込みが完了すれば、基本的にはその時点からのアクセスを解析することができるので、ホームページを公開する前から設定しておくことをおすすめします。
もちろん既に公開済のホームページにも、設定することができます。

どんな数値がとれる?

例1:どのブログ記事が人気?

毎週水曜日に会社ブログを更新していたとします。書く人も社員でバラバラで、テーマも毎回変えています。
こんな時は、どのブログ記事が人気だったのか、をアクセス解析で知ることができます。
突出してアクセス数の多いブログ記事がいくつかあった場合、ユーザーに求められているテーマがどれかを知ることができ、さらに関連した記事を増やすことで、さらなるアクセス数が期待できます。
ある社員のブログ記事が特に人気なら、更新回数を増やすこともできますし、よりユーザーに喜ばれるホームページにできますね。

例2:ユーザーの利用機器は何が多い?

パソコン用ホームページを公開しており、コンテンツの充実した製品ページがあり、新着情報も頻繁に更新している会社があったとします。
一見なんの問題もなさそうですが、アクセス解析ではユーザーがホームページを閲覧している時にどんな機器を使用しているか、を知ることができます。
もしこれがスマートフォンユーザーの数がかなり多いホームページだったら、どんなにコンテンツが充実していても、頻繁に更新していても、閲覧しにくかったり読み込みが遅かったりするだけでユーザーは離れていってしまいます。
モバイル対応が必要かどうか、もし必要ならどんなページにすべきか、もアクセス解析から検討することができます。

例3:DMやメールDM、展示会などの効果があったかどうか

広告を出す、DMを送る、展示会に出展する、など営業のために施策をうつ場合があると思います。検索エンジン以外のところで、多くの人にホームページのURLを知ってもらう機会があれば、そこからアクセスしてくれたユーザーが何人いるかを知ることで、その施策にどのくらい効果があったかを知ることができます。
特にメールDMなど、開封時に反応が大きく出るべきものであれば、送信した日時以降のアクセスを詳しく見ていくことで、効果を図り次の施策に活かすこともできます。

150501_2

例4:去年と今年、先月と今月アクセス数は増えてる?

ホームページを公開してからある程度時間が経過し、アクセス数に対するデータが蓄積されてくると、期間を限定して比較することができます。
去年1年間のアクセス数と、今年1年間のアクセス数を比べてみて、あれ?去年の方が多い?なんてことがあれば、その原因が何なのか、調査していくきっかけをつくることができます。
毎年同じキャンペーンを同じ月に実施している、といった場合、前年のデータ、前々年のデータ…と蓄積されていけば、どのような変化があるかを知ることができます。
去年に比べるとモバイルユーザーが増えているなら、モバイルユーザーが閲覧しやすいキャンペーンページを作る必要があるかもしれませんし、圧倒的にユーザー数が減ってきているなら、キャンペーン自体の見直しをすることで、効果が上がるかもしれません。

まとめ

アクセス解析をとることで、自社の見込み客が見えるようになり、その人たちを顧客にするためのホームページ運用が可能になります。
アクセス解析には専門的な要素もあり、とっつきにくいと思われる方もいらっしゃいますが、神戸のホームページ制作会社ユーシステムでは、アクセス解析機能の設置はもちろん、分かりやすいレポートの作成、解析結果から分かるホームページの改善提案など、さまざまなサービスをご提供しています。
ぜひ一度ご相談下さい。詳しくはこちら!

関連記事

Image11

ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことはありますか? 日本で主に使わ

記事を読む

1

常時SSL化で顧客と検索エンジンに信頼されるホームページへ

御社のホームページはSSL化(暗号化)されていますか? ホームページを訪れるお客様とのデータ通信を

記事を読む

1710

インターネットに安心・安全を…SSLのススメ

「SSL」って何でしょう?聞いたことありますか? 名前だけは聞いたことがある人も、全く何のことか知

記事を読む

aaaUAL

アクセス解析からユーザーが求めている情報を探ろう

このブログでは何度も言っている通りホームページは作って終わりではありません。常に改善を繰り返していく

記事を読む

20140804120346-240S

担当者必見!採用にもホームページを活用しよう!

お客様に向けての情報発信のためだけにホームページを活用していませんか? ホームページは採用にも活用

記事を読む

021

費用をかけずに集客する方法

ホームページへの集客、というと「リスティング広告」や「リマーケティング広告」など、お金のかかることだ

記事を読む

自社サイトは既にある。

自社のホームページは既にある。でも活用できているかはわからない

自社のホームページは既にあるが、本当に活用できているかはわからない。 こんな風に思っている企業

記事を読む

business_plus_man

手をかけるほど業績アップ!ホームページ運用

ホームページに「完成」はなく、ずっと手をかけて育てていく必要があります、と何度かお伝えしてきましたが

記事を読む

ネットショップ事前準備

自社商品をネットで販売~事前準備~

ネットショップ初期の頃は「楽をして儲かる」や「簡単に稼げる」等のキャッチフレーズを、目にしたことがあ

記事を読む

自社商品をネットで販売

自社商品をネットで販売~自社運営かショッピングモール出店か~

ネットショップでの出店形態は、大きく分けると ・自社でのネットショップ運営 ・ショッピングモール

記事を読む

1806
コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑