集客のためにできること!リスティング広告を出してみよう

公開日: : SEO対策, ホームページ運用

コンテンツをたくさん用意して、素敵なホームページが出来たら、ぜひたくさんの人に見てもらいたいですよね。もちろんSEO対策をして検索順位をアップすることで、検索エンジンからの集客を増やすことは大切ですし、関連の企業サイトにリンクを貼ってもらうなど、集客のためにできることは様々です。
今日はホームページへの集客について出来ることのひとつ、リスティング広告についてお話しします。

リスティング広告ってなに?

「リスティング広告」という言葉はご存知でしょうか?なんか聞いたことあるけど何のことか具体的には分からないな…という人もいるかもしれません。
「リスティング広告」とは、「検索エンジンでキーワード検索をした時、検索結果の画面に表示される広告のこと」です。例えば「パソコン」とGoogleで検索したときの検索結果画面は下記の通りです。

赤く囲った部分がリスティング広告です

赤く囲った部分がリスティング広告です

これなら見たことある!という方もいらっしゃるかもしれませんね。
もしこれを「広告だ」と意識して見ていなかった、という方は、それがユーザーの視点でもあることを覚えておいてください。リスティング広告は検索と連動して表示されるため、検索結果と同じような位置・レイアウトでユーザーの目に留まることができるのです。

出稿できるのはどこ?

リスティング広告を掲載できる場所はいろいろとありますが、まずはGoogleとYahooへの出稿をおすすめします。
この2つの内、どちらかより適した方に出稿するか、どちらにも出稿するか、それはどんな広告かにもよります。日本国内の検索は概ねこの2つでカバーできると言われています。
Googleのリスティング広告【Google AdWords】
Yahooのリスティング広告【Yahoo!プロモーション広告】

リスティング広告の良いところ

1.検索順位上位も夢じゃない!

どんなにSEO対策をしても、10位以内に入れない…更新もたくさんしているのに…というホームページはたくさんあります。検索順位は地道な努力で変えられることもありますが、キーワードによってはどんなに願っても更新をし続けても上がらないときは上がりません。
でもリスティング広告は自然検索結果よりも上にその枠が設けられているので、他社よりもお金を多く出せば上位に表示することも可能です。

2.必要な人に見つけてもらえる

例えば「パソコン 値段」で検索した人は何を求めているでしょうか。もちろん答えは一つではありませんが、おそらく「パソコンの購入を検討していて、値段を知りたがっている」のではないでしょうか。
検索をする、ということはその検索キーワードに関する情報を欲しがっている、必要としている、ということとイコールなわけです。そういう人=必要としている人に向けてのみ広告を表示することができるので、不特定多数に向けた広告よりも高い効果が期待できます。

038

3.少ない予算からでも出稿できる

リスティング広告の仕組みについては後述しますが、1回のクリックに対して課金される「クリック課金」です。さらに入札価格は自由に決めることができます。広告というとかなり大きな金額がかかると思うのでは、と思うかもしれませんが、リスティング広告なら「まずは5万円くらいで、短期間やってみようかな」というスタートも可能です。

4.効果や状況がリアルタイムで確認できる

雑誌広告や新聞広告など、もちろんそれぞれにメリットがありターゲット層によっては媒体の向き不向きがあるものの、いずれもどのような効果があったか、費用対効果が把握できない部分が多くあります。
リスティング広告は現在の状況を確認することができるので、現時点で予算をどの程度消化した、何回広告が表示され、その内の何回がクリックされたのか、クリックしたユーザーはその後どのような行動をしたか、など知りたい情報を全て把握することができます。

093836

5.出稿後も微調整ができる

リスティング広告はほとんどの場合、複数のキーワードで入札を行います。しかし一定期間続けて出稿し、効果を確認していると「このキーワードで検索して広告をクリックした人は、いろんなページを見た後お問合せをしてくれている」「このキーワードでは逆に1ページ見ただけですぐに離脱してしまっている」など、キーワードの良し悪しがわかってきます。
この場合「いろんなページを見た後お問合せをしてくれている」ユーザーを増やしたいわけですから、そのキーワードは効果が高いと言えます。より多くの人にクリックしてもらえるよう掲載順位アップを狙って入札価格を上げるといいかもしれません。「1ページ見ただけですぐに離脱してしまっている」ユーザーは、恐らくクリックした先に求めていた情報がなかったために離脱しているわけですから、そのキーワードは入札価格を下げる必要があります。
このように、出稿後も細かく調整をし、より効果をアップすることができます。

リスティング広告の仕組み

リスティング広告の良さ、少しは分かっていただけたでしょうか?
ではそもそもの仕組みについても知っていきましょう。

料金について

前述した通り、リスティング広告は1回のクリックに対して課金される「クリック課金」です。逆に言えば広告が表示されていても、誰もクリックしなければ料金が発生することはない、という仕組みになっているのです。
発生したお金は広告を出している人、つまり広告主から媒体社(YahooやGoogle)に支払います。
入札価格は自由に設定できるので、まずは少ない金額からでもスタートすることができます。効果が見えてきたらさらに予算を増やして、といった運用も可能です。

掲載順位について

掲載順位がどのように決まるか、それは入札価格によって決まります。
「1回のクリックに、何円まで出すか」という入札価格が、競合の会社の価格よりも高ければ、その会社よりも上位に掲載できる、というシンプルな仕組みです。
「パソコン」というキーワードで検索したユーザーに対して広告を出そう、というとき、1クリック100円までなら出してもいいかな?80円くらいかな?とまずは自社の入札価格を決めます。一方A社では1クリック200円まで出します!と入札価格を決めたとします。この場合はA社があなたの会社よりも上位に掲載されます。
この結果を受けて、じゃあうちは1クリック300円まで出します、別のキーワードを狙います、というように微調整を行っていくわけです。

まとめ

リスティング広告について、少しは理解が深まったでしょうか?
始めてみようかな、という方は、神戸のホームページ制作会社 ユーシステムにぜひご相談ください!

関連記事

b7de25cce3b88336538f2c6208b07aa5_s

Webで売る!決済方法について知ろう

ネットショップをスタートさせて、直接的に利益をうむホームページを作ってみると、今まで取引のなかったお

記事を読む

ScreenClip

人を集めるホームページのタイトルの付け方とは

皆さんはホームページのタイトルはどのようにつけていますか。 ここで言うタイトルとは、デザイン上のタ

記事を読む

集客方法

ネット販売の集客法~オンライン集客編

オンライン集客とは 最近は誰もでも簡単にネットショップを立ちあげられるようになりましたが、実際

記事を読む

business_plus_man

手をかけるほど業績アップ!ホームページ運用

ホームページに「完成」はなく、ずっと手をかけて育てていく必要があります、と何度かお伝えしてきましたが

記事を読む

blog_201611_1

採用情報ページを見直して採用率アップ

新卒・中途採用いずれの場合にも、 応募される方にとって企業公式ホームページは重要な判断材料のひとつで

記事を読む

170113_0

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコンテンツは商品画像ではありませ

記事を読む

1

常時SSL化で顧客と検索エンジンに信頼されるホームページへ

御社のホームページはSSL化(暗号化)されていますか? ホームページを訪れるお客様とのデータ通信を

記事を読む

mark_syoshinsya

初心者向け!アクセス解析の基礎知識

ホームページを作成した後、私たちは手をかけてホームページを育てていくこと、つまりホームページの運用に

記事を読む

a0001_011517

どれぐらいかかるの?ホームページにかかるコスト

実際のところ、ホームページを作成したり運営したりするのにどれぐらいコストがかかるのでしょう? 制作

記事を読む

newweb_blog

アクセス解析からホームページの問題点を探る

前回、アクセス解析からユーザーがホームページに何を求めているのかどんなことを期待しているのかを探る方

記事を読む

Image (5)
まだ遅くない!SEOへの第一歩

せっかくホームページを作ったのに、検索エンジンからのアクセスが伸びない

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショ

1702
リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日

170113_0
グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコ

170123
アクセス解析で全解剖!自社のホームページをもっと知ろう

あなたの会社・お店のホームページには、月に何人の人が訪問しているか、把

→もっと見る

PAGE TOP ↑