重要なのはコンテンツ!コーポレートサイトに必要な要素とは

公開日: : ホームページ制作

WEBサイトで最も重要なのは、コンテンツ(内容)です。デザインももちろん重要ですし、使いやすさ・見やすさを重視することも大切ですが、これらはすべて「コンテンツがきちんとそろっている」上での、プラスアルファのものと考えて良いでしょう。
今回は、ホームページを作成・リニューアルするときに押さえておきたい「コーポレートサイトに必要な要素/コンテンツ」について考えていきましょう。

商品/サービスについて詳細に説明を!

コーポレートサイトを作る上で最も重要なのは、あなたの会社が何をしている会社なのかを伝えることです。コーポレートサイトのメインコンテンツと言っても過言ではありません。企業の名刺とも言えるコーポレートサイトですから「この会社はこういうものを売っているんだな」という情報を無駄なく漏れなく伝えられるページにしましょう。
扱っている商品やサービスがたくさんある場合は、無理に1ページに落とし込もうとせず、商品ごと・サービスごとにページを分ける方が良いですね。写真や図、イラストも加えて、相手が企業でも個人でも分かりやすいようなページが理想的です。

単なる商品解説で終わらせない

また、どんな商品/サービスを売っている会社か、ということだけでなく、どんな風にその商品/サービスを売りたいと考えているか、という理念もここで伝えることができます。単に商品の情報を淡々と載せるだけでは同じような商品が他にある場合、比較され、単純に値段だけの競争になってしまうことがあります。インターネットが普及した今、比較されることは避けられないかもしれません。でもどんな理念・信念を持って商品/サービスを提供したいと考えているのかを伝えることで、金額以外のアピールができますよね。

152

会社概要ページは必須!

企業の名刺とも言えるコーポレートサイト、絶対に載せておきたいコンテンツが会社概要です。会社概要に住所が載っていなかったり、書いてある電話番号が間違っていたりする会社と積極的に取引したいと思えるでしょうか?会社概要は、信用できる会社か、安心して取引ができる会社か、それを判断するための重要なコンテンツになります。変更があった場合はすぐに更新し、いつも最新の正しい情報を掲載しておくようにしましょう。
必要な情報は下記の通りです。

・会社名(株式会社、有限会社…など正式な社名、海外と取引がある場合は英文名も)
・設立(法人登記をした日)
・所在地(本社の他に支社や事業所がある場合はそれぞれ掲載)
・資本金
・代表者(氏名に加え、役職名も必ず掲載)
・社員数
・事業内容
・連絡先(電話番号・メールアドレス・FAX番号など)
・取引銀行
・主要取引先(どんな会社と取引があるか、は大きな信用ポイントになります)

また、沿革を載せているコーポレートサイトも多くあります。設立だけでなく、詳しい企業沿革を載せることで、どのようにして会社が続いてきたのかを伝えることができるので、これもできれば掲載しましょう。
他に経営理念や代表あいさつなど、これもどのような会社なのかを伝えることが出来るコンテンツです。会社の「人柄」のようなものを知ってもらうために、掲載してはいかがでしょうか。

お問合せをしてもらうためのフォーム

商品やサービスに興味を持ってもらい、さらに会社概要で信頼感も得られたら、あとは実際に依頼を受けたり、質問を受けたりしたいですよね。
そのための「お問合せフォーム」は必ず用意しておきましょう。単にメールアドレスを記載しておくのではなく、必要な項目をテンプレート化したフォームがおすすめです。業種や取り扱う商品によっては「お問合せフォーム」ではなく「見積依頼フォーム」や「商品注文フォーム」などとした方が良い場合もありますし、ひとつだけにせずいくつかのフォームを分けて対応した方が良い場合もあります。

フォームはテンプレート化し、必要な情報を一度に送ってもらえるようにしましょう

フォームはテンプレート化し、必要な情報を一度に送ってもらえるようにしましょう

ここで重要なのは「いただいたお問合せに対する反応」です。せっかくホームページを訪問してくれて、お問合せまで送ってくれたお客様に対して、いつまでも返信しない、対応がものすごく遅い、ではいけません。社内でどのように対応するかをきちんと決めておくことが大切ですね。
また、お問合せフォームからメールを送る以外の連絡方法も提示するとスムーズです。お客様の中には「電話した方が早い、メールは面倒だ」という方も必ずいらっしゃいます。そういったお客様にも対応できるよう、電話番号やFAX番号も合わせて記載しておきましょう。

外部のコンテンツにもリンクを

企業のFacebookページや、公式witter、LINEアカウントがある場合は、それもコーポレートサイトに掲載しましょう。会社に興味を持ってくれた人の中には「今すぐ取引はしないかもしれないけど、面白そうな会社だな」と、見込み客になってくれる人もいるはずです。そういったお客様が継続的にブログを読んでくれたり、ファンになってくれることもあります。

まとめ

コーポレートサイトには、必ず掲載すべきコンテンツがあること、ご理解いただけたでしょうか?基本のコンテンツをきちんとそろえた上で、お客様に選んでもらうためのプラスアルファが大切なのです。
神戸のホームページ制作会社ユーシステムでは、企業ごとに最適なコーポレートサイトをご提案できます。ぜひ一度ご相談ください!

関連記事

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

427601

サーバーって種類があるけど何を選べばいいの?

サーバーの種類は大きく分けて4つあります。 ・共用サーバー ・専用サーバー ・VPSサーバー

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

webmaster-tools

ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

「Googleウェブマスターツール」とは このブログではGoogleアナリティクスについては何度か

記事を読む

youtube

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

a0001_011517

どれぐらいかかるの?ホームページにかかるコスト

実際のところ、ホームページを作成したり運営したりするのにどれぐらいコストがかかるのでしょう? 制作

記事を読む

lgi01a201408131300

ホームページはモバイル向けを最優先に考える時代へ

モバイルファーストとは モバイル向けを最優先に考えることを「モバイルファースト」と呼びます。これは

記事を読む

img_kaiketsu1_02

HPの更新でお困りなら、知らなきゃいけない”CMS”

CMSとは、「コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、プログラミングの知識無しに、ホーム

記事を読む

ScreenClip

人を集めるホームページのタイトルの付け方とは

皆さんはホームページのタイトルはどのようにつけていますか。 ここで言うタイトルとは、デザイン上のタ

記事を読む

150731

お客様を上手に導く!ランディングページの考え方

ホームページの目的は ・企業のPRのため ・ショップサイトで商品を購入してもらうため ・商談に

記事を読む

Image (5)
まだ遅くない!SEOへの第一歩

せっかくホームページを作ったのに、検索エンジンからのアクセスが伸びない

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショ

1702
リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日

170113_0
グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコ

170123
アクセス解析で全解剖!自社のホームページをもっと知ろう

あなたの会社・お店のホームページには、月に何人の人が訪問しているか、把

→もっと見る

PAGE TOP ↑