ホームページに動画を取り入れよう!

最近、動画をよく目にすることが多くなりました。Web広告でも動画を使ったものが増えましたよね。不動産のホームページでは玄関から順に部屋を撮影している動画をよく見かけます。
動画は今、企業でもBtoCからBtoBまでさまざまな分野で利用されているのです。今回は自社のホームページに動画を取り入れる、そのメリットやアイディアについて考えていきましょう。

a0002_004957

動画の魅力ってなに?

なぜ動画を取り入れる企業が増えているのか。動画にはどんな魅力があるのでしょうか?
最大の魅力としては、写真や文字よりもより多くの表現ができることではないでしょうか。例えばある商品の魅力を伝えるために写真を使う場合、1枚の写真で表現するのはかなり難しいですよね。あらゆる方向から写真を撮りたいですし、身につける商品や手に取って使う商品の場合は、そのシーンごとに写真を撮ることになります。ホームページに載せられる写真の枚数は限られているケースが多いため、最大限に商品の魅力を紹介するのは至難の業です。
文章で商品の魅力を伝えるとなるとさらに難易度は上がります。例えば「明るい黄色です」と書いたとしても、人によってイメージする”明るい黄色”は全く違います。比較対象がないこともあり、文章でニュアンスを伝えることは非常に難しいのです。さらに書き手のセンスや技量も必要となります。
現在は写真での紹介と、それを補足するような文章で、商品の魅力を伝えている、というホームページが多いのではないでしょうか。
動画であれば、映像だけでなく、言葉や音声で伝えることもできるので、たとえ数分でも、商品の魅力をより多く伝えることが可能です。特にアピールしたいポイントを繰り返すことで強調したり、声のトーンや音量で細かなニュアンスを伝えることもできますよね。さらに写真では伝わりきらなかった距離感や奥行感なども、うまく動画にすれば伝えることができます。

なぜ動画人気が高まっているのか

理由はさまざまですが、ひとつはスマートフォンが普及したことで「誰でも簡単に、手軽に動画を撮影することができるようになった」からではないでしょうか。必ずしも高価な機材をそろえたり、プロに依頼する必要はなくなり、誰でも動画を作れるようになりました。

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_s
さらに撮影した後の編集も、今ではそうハードルの高いことではなくなっています。安価な動画編集ソフトも販売されていますし、スマートフォンのアプリで編集することもできるからです。
もちろんクオリティや品質を最重視するならプロに制作を依頼するのがベストですが、ちょっとしたホームページのコンテンツくらいなら、社内のスタッフで撮ってみてもいいかな、という程度には動画制作のハードルは下がっていると言えるでしょう。

動画を取り入れる目的を考えよう

コンテンツのひとつとして動画を取り入れる場合、どのようなものを入れると効果的でしょうか?
「流行らしいからとりあえず何か動画撮ってみるか」ということではなく、どんな目的がありその目的を達成するためにはどんな動画コンテンツを作れば効果的か、を考えることが大切です。
例えばアパレルの会社で、商品売り上げアップを目的とするなら、商品の着用シーンやコーディネートを動画にしてお客様に見せることで、購入後のイメージを明確にしてもらうことができます。
実店舗があり、来店してくれるお客様をもっと増やすことが目的なら、最寄駅からの道のりを動画にして地図と一緒に載せたり、店内のイメージや店員の雰囲気などを見てもらえば、より親しみやすさを感じてもらうことができます。
採用のために動画を取り入れて、社内の様子や社員の紹介をしてもいいかもしれませんね。
もちろん社外のお客様に向けたコンテンツだけではなく、業務の効率化を目指すために、マニュアル的な動画を撮影して、社員と共有するなんてアイディアも浮かびます。
動画を取り入れる目的は何か、その目的果たすためにはどんな動画を作るのが効果的か、というように、まずは目的から考えてみましょう。

デバイスによる違い

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

ホームページ作成で、パソコンだけでなくスマホ、タブレットなど他のデバイスにも気を配る必要があることを別の記事でお話ししましたが、これは動画制作でも同じことが言えます。
画面サイズの違いがあるため、画面が小さいスマホ用にはアップにした映像の方が伝わりやすかったり、文字のサイズを大き目にした方が読みやすかったりします。通信環境のことを考えると、パソコンよりは低速になるスマホのために、動画の長さにも注意が必要です。

まとめ

動画をコンテンツとして取り入れることで、文字にして説明しなければならなかったことを、ひと目で分かりやすく、かつ短い時間で伝えることができるようになります。動きがある分インパクトも大きく、興味を持って情報を得てもらうことが可能です。
コンテンツにうまく動画を取り入れて、より伝わりやすいホームページにしましょう!
動画制作も、神戸のホームページ制作会社ユーシステムにご相談ください。

関連記事

会社の顔

良いホームページとは

今の時代、ほとんどの会社が自社のホームページを持っています。 最新の技術を活かしたものや、テキスト

記事を読む

aaaUAL

スマホ用ホームページに載せるべき情報とは

スマートフォン用ホームページの重要性はこのブログでも何度も強調してきましたが、これからはホームページ

記事を読む

427601

サーバーって種類があるけど何を選べばいいの?

サーバーの種類は大きく分けて4つあります。 ・共用サーバー ・専用サーバー ・VPSサーバー

記事を読む

lock

あなたのホームページは大丈夫?セキュリティを支えるSSLとは

サービスの予約やお申込み、商品の購入まで何でもホームページ上でできることが当たり前になった昨今、個人

記事を読む

mailform

今すぐお問い合わせ数アップ!?フォームのテクニック

あなたの会社のホームページの「目的」はなんでしょうか? 営業で、商品の販売、資料請求の受付や、採用

記事を読む

自社商品をネットで販売

自社商品をネットで販売~自社運営かショッピングモール出店か~

ネットショップでの出店形態は、大きく分けると ・自社でのネットショップ運営 ・ショッピングモール

記事を読む

ネットショップ事前準備

自社商品をネットで販売~事前準備~

ネットショップ初期の頃は「楽をして儲かる」や「簡単に稼げる」等のキャッチフレーズを、目にしたことがあ

記事を読む

ScreenClip

コンバージョン率が上がる理想の入力フォームの形とは?

コンバージョンとは、ユーザーからのお問い合わせ・資料請求や会員登録など、そのサイトが設定している目標

記事を読む

170123

アクセス解析で全解剖!自社のホームページをもっと知ろう

あなたの会社・お店のホームページには、月に何人の人が訪問しているか、把握できていますか? 多分…と

記事を読む

mark_syoshinsya

初心者向け!アクセス解析の基礎知識

ホームページを作成した後、私たちは手をかけてホームページを育てていくこと、つまりホームページの運用に

記事を読む

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

thm
時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもス

1801
ホームページの更新が滞るのはなぜ?5つの理由

ホームページ、順調に更新できていますか? 久しぶりにご連絡をいただい

→もっと見る

PAGE TOP ↑