何を?誰に向けて?サイトコンセプトを考えよう

公開日: : 最終更新日:2015/08/14 ホームページ制作

ホームページを作る前に、最も重要と言えるのは「サイトコンセプト」を考えることではないでしょうか。デザインや全体のレイアウトなどももちろん使いやすい・見やすいホームページを作るために大切なことですが、「サイトコンセプト」を考えること、明確にすることはホームページを成功に導くための最重要ポイントです。
今回は何を、誰に向けて公開するホームページをつくるのか、そのサイトコンセプトについて考えていきましょう。

サイトコンセプトを考えることが、ホームページ作成の最優先事項!

ホームページを作るとき、制作会社に発注しデザインから作成まで任せてしまう、という企業が多いのではないでしょうか。これは正しい選択と言えます。デザインもサイト作成も、プロに任せてしまったほうが確実ですし、後から運用面でサポートしてもらえたり、何かと安心です。
問題はその発注の際。制作会社にどのような注文をするでしょう?
・同じような業種の企業サイトを見せ、「これと同じでいいです」
・見た目だけに注文をつけ「こんなデザインがいい」
・「とにかく物がないとよく分からないからサンプルデザインをください」

…みたいな注文をしていませんか?
ヒアリングをきちんとしてくれない制作会社だと、言われるがままに見た目だけはちゃんとしたホームページを納品し、そもそも何のためのホームページを作るはずだったのかわからないまま…なんてことが少なくありません。
あなたの会社のこと、業種のことについては、制作会社よりもあなたの方が詳しいはずです。誰の為のホームページなのか、ユーザーはどんな人を想定しているのか、ホームページは何のために作るのか、どんな効果を期待するのか、可能な限り具体的にし、制作会社に伝えましょう。もしくはサイトコンセプトから一緒に考え、アドバイスをしてくれる制作会社に依頼するといいですね。

サイトコンセプトの考え方

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

では、どのようにサイトコンセプトを考えていけばいいのでしょうか。サイトコンセプトを明確にするための手順をご紹介しましょう。

1:目的

ユーザーはホームページを訪問し「何を」するのでしょう?
ユーザーは何らかの情報を得るために訪問しますよね。企業サイトであれば、会社や商品の情報、採用情報などが考えられます。ユーザーが何を求めてホームページを訪問するのか、お客様目線で考えてみましょう。

2:意義

「なぜ」ホームページを作る必要があるでしょう?
もし全く同じ内容のホームページが既にあるなら、新たに作る必要はありませんよね。
「なぜ」作りたいのか、そのホームページはどんな価値をユーザーに提供できるのか、考えてみましょう。

3:誰が?

これから作るホームページに訪問してくれるのは「誰」でしょうか?
どんな人が閲覧してくれるホームページですか?ユーザーの性別、年齢、居住地…具体的に考えてみましょう。
これはデザインにも関わってくる重要な項目です。年齢層が高めなら文字のサイズを大きくした方が良いですし、女性中心のユーザー層であれば、デザインも女性に好かれそうな色合いやレイアウトにしたいですよね。

4:どうやって?

ユーザーは「どうやって」ホームページに訪れるでしょうか?
検索エンジンから、他のサイトのリンクから、名刺に書いてあるURLから、FacebookやtwitterなどSNSから…いろいろ考えられます。
どうやってホームページに辿りつくかは、どうやって宣伝をすべきかにかかわる項目です。お客様の視点で想像してみましょう。

5:いつ?

ユーザーは「いつ」ホームページを利用するでしょう?単に時間帯、というだけでは想定しにくいかもしれませんが、例えばパン屋さんの企業サイトを作るとして、ユーザーはいつホームページを利用するでしょうか?商品について知りたいとき、店舗の住所が知りたいとき、連絡先の電話番号が必要なとき…いろいろ想像できますよね。

6:どこで?

ユーザーは「どこで」ホームページを利用するのでしょう?インターネットが使える場所であることがほとんどと考えられますが、もっと具体的に、例えば会社の机で、通勤中の電車内で、自宅で…サイトコンセプトを考えていくとユーザーの姿がだんだん明確になってきますね。

サイトコンセプトをまとめよう

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

6つの項目をご紹介しましたが、最後にはこれを一言でまとめてみましょう。短い文章にまとめることができれば、それは他の人に分かりやすく伝えることができるサイトコンセプトと言えるでしょう。
サイトコンセプトが明確にまとまれば、それをデザインや構成に活かすことができます。
例えば「10代~20代の学生層に向けたこだわりの雑貨を扱うショッピングサイト」というサイトコンセプトなら、パソコンだけでなくスマートフォンにも対応しよう、宣伝のためにLINEを使ってみよう、というように、どんなホームページが合っているかが分かりやすいですよね。

まとめ

ホームページを作るためにまずはサイトコンセプトを明確にする、その重要性をご理解いただけたでしょうか?
面倒になって飛ばしてしまうような工程かもしれませんが、最初にじっくり考え決定することで、意義のあるホームページにすることができます。
作っているうちに、ホームページを作ること自体が最終目標になってしまっていた、というケースも少なくありません。
ホームページを作るには、まずはサイトコンセプトから、じっくりしっかり考えていきましょう。
神戸のホームページ制作会社ユーシステムでは、デザインやホームページ制作だけでなく、サイトコンセプトやコンテンツを考えるところから、お手伝いさせていただきます。ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

youtube

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

150731

お客様を上手に導く!ランディングページの考え方

ホームページの目的は ・企業のPRのため ・ショップサイトで商品を購入してもらうため ・商談に

記事を読む

shopping_cart_woman

ショッピングカートからの離脱を減らす方法とは?

ショッピングサイトの命はやはりショッピングカート機能だといっても過言ではありません。お客様が「買いた

記事を読む

143

今更聞けない、ホームページに必要なドメインとサーバーって何?

ホームページを公開するためにはドメインとサーバーというものが必要です。 名前ぐらいは聞いたこと

記事を読む

hikaku_ball_man

競合サイトから学ぶ、どんなホームページを作るか

これからホームページをつくろう!またはより良いホームページにリニューアルしよう!というとき、必ず必要

記事を読む

1806

コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがない」という企業は、中小企業でも

記事を読む

faq

「よくある質問」ページをホームページに作る理由とその作り方とは?

ホームページを見ていると「よくある質問」あるいは「FAQ」や「Q&A」といったページを見かけ

記事を読む

img_kaiketsu2_01

企業ホームページに、スマートフォン対応は必要か否か

現代は企業にホームページがあるのは当たり前となっています。しかしこれだけスマートフォンの普及が進

記事を読む

ScreenClip

コンバージョン率が上がる理想の入力フォームの形とは?

コンバージョンとは、ユーザーからのお問い合わせ・資料請求や会員登録など、そのサイトが設定している目標

記事を読む

会社の顔

良いホームページとは

今の時代、ほとんどの会社が自社のホームページを持っています。 最新の技術を活かしたものや、テキスト

記事を読む

1806
コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑