「よくある質問」ページをホームページに作る理由とその作り方とは?

A4E8A4AFA4A2A4EBA4B4BCC1CCE4A3B120ホームページを見ていると「よくある質問」あるいは「FAQ」や「Q&A」といったページを見かけることがよくあります。これはその名の通り、頻繁に尋ねられる質問とその答えを集めたページで、ホームページではよく作成されるコンテンツです。もちろん企業ホームページでもよく作られています。そして様々なホームページで作成されるにはもちろん理由があります。今日はそんな 「よくある質問」ページをホームページに作る理由やメリット、作る上でのポイントを解説します。

「よくある質問」が必要な理由

多くのお客様は企業に問い合わせをする前に、自分自身で答えを見つけたいと考えています。ある調査では、製品やサービスについて疑問や問題を感じた際、「検索サイトで調べる」「ホームページを参照する」など、電話やメールでお問い合わせをする以外の方法で解決しようとする人が年々増えているという結果が出ています。皆さんも、製品やサービスについて、わからないことがあるとまずホームページへアクセスして、解決法を探したことがあるかと思います。だからこそ、そういった疑問点を解消できる、よくある質問ページは非常に重要なのです。

「よくある質問」の効果

そして需要が高いだけが、このページがよく作成される理由ではありません。しっかりと考えて作られた「よくある質問」ページには3つの効果が生まれます。すでに「よくある質問」ページを作成している方もいるかもしれませんが、下記の役割を果たせているかもう一度確認してみましょう。

①お客様満足度を高める

お客様が知りたい事、疑問におもう事に対して、前もって答え解決することで、親切・丁寧な会社だというプラスの印象を与え、ホームページに訪れたお客様の満足度を高めることができます。また丁寧な説明で疑問点を解消できるページになっていれば、電話やメールで問い合わせをするための時間がなくなり、お客様にとっても、自社にとっても、必要のない時間の削減にも繋がります。

②製品やサービスの理解度を高める

製品やサービスのメリットや他社との違いを、質問に答えるという形で載せることにより、自社の強みをよりアピールできます。また会社の方針・考え方、商品やサービスの仕様・注意点を前もって伝えることで、購入や契約のミスマッチやクレームを防ぐことにも繋がります。

③ホームページの質を高める

そしてよくある質問ページは、当然文章が中心のページになり、また自社の製品やサービスに関する単語が自然と多く含まれるページになります。そのためこういったページSEOにとって非常にプラスになります。またページに載っている質問キーワードが、そのまま検索される可能性もあり、アクセス数アップにも繋がります。

作成のポイント

それでは具体的にどのような質問と回答を載せればいいのでしょうか。一番簡単な方法は、実際にお客様からもらった質問とそれに対する回答を掲載することです。またアピールしたいことから逆算して質問を考える、という方法もあります。しかし、ただやみくもにQ&Aを並べるだけでは、お客様の問題を解決することはできません。お客様が探している情報にいち早くたどり着けるように、情報は整理する必要があります。
お客様目線に立ち、どんな時にこのページが見て、どのように誘導すればよいかを考えてみましょう。例えば購入前、購入時、購入後など、シチュエーションによって質問を分ける方法があります。質問したいことはシチュエーションよってまったく異なるでしょう。購入前は商品の詳細やスペックなどが知りたいでしょうし、購入時は購入方法や購入の流れが気になるかもしれませんし、購入後は当然商品の使い方やトラブルの解決法などが疑問になるでしょう。すでに購入または契約いただいたお客様に、分からなかった事は何か、不安だった事は何かをアンケートを行ってみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。「よくある質問」ページはしっかりと作れば、ホームページの重要なコンテンツの一つになります。まだ作成していない方はもちろん、ただなんとなく作って放置している方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。良い「よくある質問」ページを作るには、それだけ自社の商品やサービスの良い所も悪い所も把握していなければいけません。自社の製品やサービスを見直す良い機会にもなりますし、そこで新たな発見があるかもしれません。そういった意味でもよくある質問ページの作成はおすすめです。そして作って終わりではなく作成後は必ず、問い合わせの数がどう変化したのか、顧客満足度が上がっているかといった視点で分析し、常に改善を行うようにしましょう。
神戸のホームページ制作会社ユーシステムでは、「よくある質問」ページなど今あるホームページのページ追加や一部更新も承っています。ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

net_shopping_pc

ショッピングサイトで購買数をアップする7つの方法 [前編]

最近は維持費用を安く済ませられるサービスがたくさんあり、実店舗だけでなく、インターネットでも売りたい

記事を読む

150313

ホームページは「生き物」です!維持・管理の方法

「ホームページは”生き物”」と言われても、ピンとこないなーと思う方もいらっしゃいますよね。でもホーム

記事を読む

1706

ネタ切れで困ってない?会社ブログを続ける秘訣

会社でスタッフブログをやっているのって、最近ではめずらしいことではなくなってきましたよね。 広報部

記事を読む

2012110505

PC、スマホ、タブレット…最近のデバイス事情とは

ホームページを作成、運用するのに、パソコンのことだけ考えておけばよい、というのは、残念ながら間違いで

記事を読む

ScreenClip

自分のホームページのアクセス数が知りたい。

ホームページのアクセス数などを調べることをアクセス解析といいます。これによりホームページがどのくらい

記事を読む

youtube

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

lgi01a201408131300

ホームページはモバイル向けを最優先に考える時代へ

モバイルファーストとは モバイル向けを最優先に考えることを「モバイルファースト」と呼びます。これは

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

自社商品をネットで販売

自社商品をネットで販売~自社運営かショッピングモール出店か~

ネットショップでの出店形態は、大きく分けると ・自社でのネットショップ運営 ・ショッピングモール

記事を読む

1806
コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑