常時SSL化で顧客と検索エンジンに信頼されるホームページへ

公開日: : ホームページ運用

御社のホームページはSSL化(暗号化)されていますか?

ホームページを訪れるお客様とのデータ通信を暗号化する「SSL化(TLS化、HTTPS化とも)」の導入は、「みなさんの個人情報を保護するため、私達は情報セキュリティに気を使っていますよ。」という姿勢をお客様に示す方法の一つです。
これによりお客様に信頼感、安心感を与え、商品購入やサービス利用の促進につながります。

そこで、商品販売やサービス提供を行うページだけでなく個人情報を扱わないページ、「会社紹介だけのページ」であっても常にSSL化してしまおう、という「常時SSL化」についてご紹介します。
1

常時SSL化のメリット

SSL化しているとホームページを訪れるお客様に信頼されやすい、ということは前述のとおりですが、2014年に検索サイト最大手Googleが「HTTPSサイト(SSL化/TLS化されたサイト)であるかどうかを検索結果のランキングに影響させる」という旨の発表を行ったことで、検索エンジン対策としてのメリットも(まだ当分は僅かな差しかない、とされているものの)注目されるようになりました。
Googleウェブマスター向け公式ブログ「HTTPSをランキングシグナルに使用します」

2

また、SSL化にあたってはドメインとサーバーとの結びつきの正確性を示す「証明書」が必要で、この証明書により正規のページ、偽のページとを区別することができます。
これはどういうことかというと、証明書がない(SSL化されていない)通常のページの場合、第三者によって複製、改変された偽のページ(成りすまし、フィッシングサイト)と正規のページとをお客様が区別することが難しく、誤認したお客様が個人情報やカード情報を入力してしまい盗用被害にあわれたり、事実と異なる情報を公式発表と偽って発信されたりして企業イメージが著しく損なわれる危険性があります。

3

常時SSL化を行っていると個人情報を扱うページのみならずトップページ、情報発信のページも含め正規のページであるか、その情報は本物であるかを判断しやすくなり、さらにEVSSLと呼ばれる証明書を導入することで企業名が目立って表示されるため、偽ページの被害を防ぐことができます。

4

これまでのSSL対応との違い

既にホームページはSSLに対応済みであるという方も常時SSL化には至らず、パスワードを扱うページ、お買い物ページやお問い合わせといった個人情報を取り扱うページへの導入に限られていて1つのホームページ内でSSL化したページ、していないページとで分離してしまっているケースが多いのではないでしょうか。

ホームページ内でSSL化の有無によりページが分かれているとリンク切れの発生原因となったりメンテナンス性が悪くなりますし、アクセス解析の分野でも「リファラが取れない」といった問題が発生します。
また、前述のとおりSSL化していないページを狙って偽者が現れる可能性があります。

常時SSL化に踏み切れないその理由、誤解かも?

ホームページの公開やネットショッピングなどインターネットを活用した事業が普及するに伴い、SSL(TLS)といった暗号化通信をホームページに導入するとセキュリティが向上するということは広く知られるようになりました。
ところがその一方で暗号化通信に切り替わるとページの表示が遅くなる、導入に必要な「証明書」の購入費がコスト高であるといった認識はいまだ強く、これらが常時SSL化の普及が進まない理由と考えられます。

インターネットの黎明期、SSLという技術が登場した初期のころは確かにそのような傾向がありましたが、SSLのバージョンアップ(後継としてのTLSの登場)や機器能力の向上により暗号化処理は高速になり、
暗号化の有無で体感スピードはほとんど変わらなくなりました。(さらに将来には「SSL化したほうが早くなる」という技術が普及する見込みです。)
技術の進歩はほかにも、証明書を発行する事務処理の削減とオートメーションを実現し、安価な証明書も登場するようになりました。

また、常時SSL化を推進することでインターネット全体のセキュリティを向上させよう、という国際的な取り組みがシマンテックやGoogleといった大手企業や業界団体によって進められており、国内でも賛同するレンタルホームページサーバー業者が証明書を無料で取得することができるサービスを提供しています。

これら環境の変化により、今日ではSSL導入の敷居は低くなっているといえます。

まとめ

常時SSL化を導入するとセキュリティの向上、顧客の信頼獲得につながり、(今はまだ僅かながら)検索エンジン対策にもなります。
また、ページ表示の低速化や導入コストといった問題は技術の進歩により解決されつつあります。

これまでホームページのSSL化を先送りにしていた方、一部のみSSL化した方、常時SSL化には踏み切れなかった方も、もう一度導入をご検討してみてはいかがでしょうか。
ホームページSSL化のお見積り、導入前のご質問、SSLを導入したけれど運用で困っている事など、神戸のホームページ制作会社ユーシステムにお気軽にご相談ください。

関連記事

ScreenClip

人を集めるホームページのタイトルの付け方とは

皆さんはホームページのタイトルはどのようにつけていますか。 ここで言うタイトルとは、デザイン上のタ

記事を読む

170913

2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はadobe社がサポートしている、イ

記事を読む

ネットショップ事前準備

自社商品をネットで販売~事前準備~

ネットショップ初期の頃は「楽をして儲かる」や「簡単に稼げる」等のキャッチフレーズを、目にしたことがあ

記事を読む

2012110505

PC、スマホ、タブレット…最近のデバイス事情とは

ホームページを作成、運用するのに、パソコンのことだけ考えておけばよい、というのは、残念ながら間違いで

記事を読む

170113_0

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコンテンツは商品画像ではありませ

記事を読む

021

ホームページの更新費用を安くする方法とは?

ホームページは完成してからがスタート!手をかけて育てていく必要があります!とお伝えしてきましたが、現

記事を読む

net_shopping_pc

ショッピングサイトで購買数をアップする7つの方法 [前編]

最近は維持費用を安く済ませられるサービスがたくさんあり、実店舗だけでなく、インターネットでも売りたい

記事を読む

006

今日からできる!SEO対策

「SEO対策」というと、なんとなくとっつきにくさが先行してしまい、難しそうだしなんだか良く分からない

記事を読む

956a896bb52c5693e107bc92e9c4d896_s

訪問者を追いかけて成果をあげる方法

ホームページへの集客について、考えられる方法は様々ですが、そのうちの一つが「Web広告」です。広告費

記事を読む

自社で更新

自社で定期的にホームページを更新したい!更新システムを利用する場合

ホームページ制作会社へ依頼をした場合、必ず聞かれるのが 自社での更新を行うかどうかということ。

記事を読む

1710
インターネットに安心・安全を…SSLのススメ

「SSL」って何でしょう?聞いたことありますか? 名前だけは聞いたこ

3
いつどこからどうやってアクセスしているの?ユーザーの動向を把握しよう!

ホームページを運営されている方が一番気になるのが、ホームページへアクセ

1709
なんぼで出来る?ホームページにかかるお金の話

「結局のところ、なんぼで出来るの?」というご相談をいただくことがありま

170913
2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はad

田中さん用サムネイル
動画コンテンツを取り入れる!使えるアイディア集

スマートフォンの普及によって身近になったもののひとつは「動画」ではない

→もっと見る

PAGE TOP ↑