まだ遅くない!SEOへの第一歩

公開日: : SEO対策

せっかくホームページを作ったのに、検索エンジンからのアクセスが伸びない、
キーワード検索で全くヒットしない、どうすれば自分のホームページにたどり着いてもらえるのだろう…。
でも今更SEOって何…?なんて聞けないと思っている方、まだ遅くありません!
今お持ちのホームページと検索エンジンが上手にマッチングするように、今回はSEOへの第一歩をご紹介します。
Image (5)

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略であり、
検索エンジン(Google・Yahoo!・Bing等)の検索結果に表示されるためのルールに沿ってホームページを作成し、検索結果により多く、より上位に表示されるようにするための取り組みです。
SEOにはすでに20年以上の歴史があり、その20年の間に検索エンジンに様々な変化があり、それに合わせてSEOも変化し、様々な対策が考えられてきました。その対策の中でも一番重要で、基盤となる対策をご紹介します。

検索エンジンについて考える

170323-22016年の日本での検索エンジンのシェア率
(参考:http://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan/#monthly-201601-201612)

検索エンジンごとにSEO対策は違ってきますが、現在日本で最もシェアが高い検索エンジンはGoogleで、時点がYahoo!です。
Yahoo!の検索エンジンはGoogleの検索技術を利用しているため、Googleに対してのSEO対策でYahoo!への対策を補うことができます。
しかし、検索によっては順位が一致しない場合もあります。これは、Yahoo!がGoogleの検索技術の上に独自のフィルターをかけて検索結果を出しているからです。
そのうちの一つに、Yahoo!のサービスコンテンツの表示があります。「Yahoo!ニュースや」「Yahoo!知恵袋」に、検索ワードに近しい内容があった場合、Googleでは上位に表示されていないYahoo!コンテンツであっても、Yahoo!では検索結果として表示されることがあります。
ある程度の結果の不一致はありますが、まずはGoogleへのSEO対策を考えてホームページを見直しましょう。

トップページを考える

閲覧者に対しても、検索エンジンに対しても、まずはトップページの評価が重要です。
閲覧者がたどり着いたホームページを一目見て、有益なサイトではないと判断し戻るボタンを押してしまうことは、検索エンジンにとっても望ましい結果ではありません。
ですので、閲覧者が一目見て、何の目的があるホームページであるか、信頼できるホームページであるか等が一目で判断できるかどうかが重要です。
サブページがいかに素晴らしいページであっても、トップページで戻るボタンを押されてしまうホームページでは意味がありません。
また、トップページに複数のキーワードを設置することで、検索エンジンキーワードとして収集され、検索結果へ反映されます。
しかし、検索エンジンに見つけてもらう機会をつくるため!と、大量に同じキーワードをトップページに設置した場合、検索エンジンからスパム要素があるホームページとみなされ、評価されなくなってしまいます。文章として読みやすく自然に感じる程度のキーワード数で構成しましょう。具体的な数値でいうと、文章中のキーワードの出現頻度は文章の4~6%が理想と言われています。

・見やすく利用しやすいサイトであるか
・何を主体として、何の目的を持ったサイトなのか
・検索エンジンが収集できるキーワードが複数設置してあるか
Image (6)
Image

上の図にサイトマップの有無とありますが、ホームページを訪問した際にサイトマップに助けられたことはありませんか?
ホームページ内のほぼ全てのページへのリンクを一か所にまとめたものがサイトマップですが、このサイトマップは、閲覧者の助けになるだけではなく、検索エンジンに対しても有効であり、検索エンジンがたどり着けていないページを見つけるために、サイトマップを利用することがあります。

サブページの対策

今までの内容と同じように、キーワードを設置し検索エンジンに評価をしてもらうことは基本ですが、トップページに設置したキーワードについて詳細を紹介する固有のページであることが重要です。
キーワードに対応する固有のページが多ければ多いほど、コンテンツが充実しているサイトと判断され、検索エンジンの評価の対象になります。
また、ページ数が多いほど検索エンジンからの評価は上がりますが、検索エンジンはページの中身もしっかりチェックしています。
複製されたような同内容のページが複数ある場合、スパム要素があると判断されてしまうことがありますので、ページ数のことはまずは考えず、キーワードに沿っていて、且つ内容が充実したページを作成することが重要です。

まとめ

検索上位に上がり、多くの人にホームページを見てもらうためにSEOを考える。これはとても重要なことですが、検索エンジンが最も重視していることは、ユーザーである閲覧者に有益な情報を提供することです。
まずは検索エンジンではなく、閲覧者の方が利用しやすく、わかりやすいサイトを意識すること。その過程でSEO対策が自然と取り入れられていることもあります。
また、SEO対策を行ったからといって、すぐに検索結果へ反映されることは大変難しいことです。定期的な更新、閲覧者への配慮、検索エンジンの動向のチェック等、継続的な運営を続けることによって積み重なった結果がSEOへとつながります。

もう遅いとあきらめず、これを機にホームページをもう一度見直してみませんか?
SEO対策やホームページ運用のご相談は神戸のホームページ制作会社ユーシステムまで

関連記事

赤く囲った部分がリスティング広告です

集客のためにできること!リスティング広告を出してみよう

コンテンツをたくさん用意して、素敵なホームページが出来たら、ぜひたくさんの人に見てもらいたいですよね

記事を読む

アクセス解析

アクセス解析について

ホームページ作成を制作会社へ依頼する際に、「アクセス解析は導入しますか」といった 提示があるか

記事を読む

006

今日からできる!SEO対策

「SEO対策」というと、なんとなくとっつきにくさが先行してしまい、難しそうだしなんだか良く分からない

記事を読む

aaaUAL

検索順位は見る人によって異なる?これからの時代のSEO対策とは

検索順位が人によって異なるというのは、ご存知でしょうか?特にスマートフォンでインターネット検索をよく

記事を読む

aasda

新しい解析ツールでもっとわかる!自社サイトの現状!

以前の記事(詳しくはこちら→)でGoogleウェブマスターツールについて解説しましたが、先月末このG

記事を読む

blog_201611_1

採用情報ページを見直して採用率アップ

新卒・中途採用いずれの場合にも、 応募される方にとって企業公式ホームページは重要な判断材料のひとつで

記事を読む

170913
2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はad

田中さん用サムネイル
動画コンテンツを取り入れる!使えるアイディア集

スマートフォンの普及によって身近になったもののひとつは「動画」ではない

img
ブラウザサイズからホームページを考えよう

普段使用していないパソコンを使った時やパソコンを新調した時に日々閲覧し

1707
ポイントは写真映え!?instagramを活用しよう

スマートフォンが普及するとともにSNSを利用する人が増え、企業でもSN

icon
新着情報だけじゃない!CMSでコンテンツもしっかり更新!

CMSについては、こちらの投稿をご覧ください! http://www

→もっと見る

PAGE TOP ↑