鮮度が命のホームページ!CMSで更新しよう

公開日: : 最終更新日:2017/06/06 WEB活用術, ホームページ運用

ホームページは「鮮度が命」です。
常に最新の情報を掲載し、タイムラグなく発信することが求められています。
ここ数年はスマートフォンが一般化し、よりインターネットが身近になったことで、スピーディーであることも求められるようになりました。
とは言え、企業がホームページにかけられる時間やお金は限られているのではないでしょうか?
ホームページを更新することの重要性はお分かりいただけると思いますが、本来の業務をおろそかにしてしまっては本末転倒です。
そこでおすすめしたいのが「CMS」の導入です。
最近は多くの企業が取り入れ、日々の更新作業をスムーズに、スピーディーにすることができています。
今回はその「CMS」についてご紹介します。

CMSってなに?

1705_11705_2
CMSとは「コンテンツマネージメントシステム」の略です。
つまりはホームページのコンテンツ(お知らせ、製品情報、導入事例、よくある質問など…ホームページによって変わります)を管理するシステムのことなのです。
種類は様々で、インターネットブラウザを使うもの、専用のソフトをパソコンにインストールして使うもの、無料のものもありますが、いずれも簡単にホームページを編集・更新できるシステムとなっています。
本来ホームページを作るには、HTMLやCSSといった専門的な知識が必要です。これらを習得するには大変手間がかかります。
CMSを導入することによって、その専門的な知識の必要な部分の多くをシステムで管理することができるようになります。よって、掲載したいテキストや画像を準備し、入力していくだけでホームページの更新ができるというわけです。
また、少量の更新作業を社外の制作会社に依頼する手間もなくなり、更新にかける費用を削減することができます。
良い事ばかりですね!

さまざまな種類のCMSをご紹介します!

CMSについて少しご理解いただけたでしょうか?
ここからは、ホームページの新規作成・リニューアルをされるお客さまに、導入をおすすめしているCMS2つについてご紹介します。

①WordPress(ワードプレス)

1705_3
WordPressは広く一般に利用されているCMSと言えます。
元はブログを作成するツールですが、カスタマイズすることで企業のホームページにも使うことができます。
サーバー上に設置しますので、管理画面にログインすることで更新作業が可能です。インターネットさえ繋がっていれば、社内のどのパソコンでも使うことができ、場合によっては移動中の電車内やスマートフォンでも作業ができるのです。
管理画面はカスタマイズすることによって変化しますが、基本がブログツールであるため、タイトルや本文を記入し、写真をつけたりして公開ボタンを押すだけ、といったシンプルな作業で完結させることができます。
また、デザインは一からオリジナルで作成しますので、自社だけの特別なホームページを作ることができます。
維持費用がかからないこともメリットのひとつです。
ホームページを維持するのに必要な費用は、サーバー費用・ドメイン費用ですが、WordPressの場合はこの2つの費用のみで維持することが可能です。WordPress自体は無料で使うことができますので、自社に合わせてカスタマイズするための制作費は必要ですが、維持費としてはかかりません。

②サクサクCMS

1705_4サクサクCMSは当社がカスタマイズした独自のCMSです。
こちらは画面上で見たままホームページを更新することができます。操作も「ダブルクリックしてテキストを入力」「右クリックでメニューを表示」というように簡単に行うことができ、専門知識は必要ありません。
WordPressと同じく、インターネットさえ繋がっていれば、社内のどのパソコンでも、外出中や自宅でも、使うことができます。
また、WordPressでは、ホームページ構築時に「よく更新するページ」をピックアップし、そのページだけを「更新可能ページ」として作成するため、編集できるページが限られますが、サクサクCMSでは全ページが編集可能です。
よってホームページ公開後も自由にページを増やしたり、コンテンツを追加したりすることが容易です。
こちらはサーバー費用・ドメイン費用のほかにCMS利用料が月額で必要となりますので維持費がかかってしまいますが、数百種類のデザインテンプレートを利用することができるため、制作費を抑えることができます。
ホームページに力を入れたい!たくさん更新して、コンテンツを増やしたい!とお考えの方はこちらのサクサクCMSがおすすめです。

まとめ

当社では年間数十社の企業様のホームページを制作・リニューアルさせていただいておりますが、その8~9割のホームページにCMSを導入しています。
新着情報だけでなくスタッフブログも合わせて作りたい、お客様の声を定期的に更新したい、事例集を作って日々更新したい、というように会社によって内容は異なりますが、共通しているのは「最新の情報を届けられる仕組みが必要だと考えている」という点ではないでしょうか。
CMSの導入によって、いつでも簡単に、社内の誰でも更新できるホームページにすることで、単にホームページを持つことの一歩先へ進むことができます。
「うちの会社ならどんな内容を更新するとお客さんに喜んでもらえるかなー」と考えてみてはいかがでしょうか?

CMSの導入、ホームページのリニューアルをお考えの方!
お問合せはこちら

関連記事

1804

広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご存じでしょうか? ホームペー

記事を読む

040192

効果をあげるランディングページとは

ホームページとは別の、独立したページとしてランディングページがあることを、先日こちらの記事でご紹介し

記事を読む

website_normal

中小企業にはどうして自社サイトが必要なのか?

昨今、企業ならば規模や業種に関わらず、自社のウェブサイトを持っていることが当たり前の時代になりました

記事を読む

150501

”見込み客数”がアクセス解析で見える!

あなたの会社の製品やサービスに、興味を持ってくれている人、購入する可能性のある人は「見込み客」です。

記事を読む

net_shopping_pc

ショッピングサイトで購買数をアップする7つの方法 [前編]

最近は維持費用を安く済ませられるサービスがたくさんあり、実店舗だけでなく、インターネットでも売りたい

記事を読む

thm

時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもスマートフォン、タブレットで行わ

記事を読む

1

常時SSL化で顧客と検索エンジンに信頼されるホームページへ

御社のホームページはSSL化(暗号化)されていますか? ホームページを訪れるお客様とのデータ通信を

記事を読む

business_plus_man

手をかけるほど業績アップ!ホームページ運用

ホームページに「完成」はなく、ずっと手をかけて育てていく必要があります、と何度かお伝えしてきましたが

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

1610_blog3

ショッピングサイトで購買数をアップする7つの方法[後編]

先月の記事で「前編 」をアップしましたが、今回は「後編」として引き続き「ショッピングサイトで購買数を

記事を読む

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

thm
時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもス

→もっと見る

PAGE TOP ↑