ネタ切れで困ってない?会社ブログを続ける秘訣

公開日: : ホームページ運用

会社でスタッフブログをやっているのって、最近ではめずらしいことではなくなってきましたよね。
広報部があるような大企業に限らず、中小企業でもブログ、Facebookページ、Twitterアカウントを作っている会社が多いのではないでしょうか。
SNSは利用が無料だったりすることもあって、「とりあえずアカウント作っとくか」というような理由で、アカウントを取得しているケースも多いようです。
しかし、中小企業ですからもちろん「ブログやSNS専任」の人材がいるわけではなく、みんな自分の本来の仕事をしながら、ブログを書いたりしているわけです。
…結構大変ですよね?

1706-1
今回は、会社のブログをなるべくストレスなく続けるためにできること、考えておくべきプランや、ブログ記事に何を書くべきかを考えていきましょう。

誰に見てもらうブログ?

その会社ブログは、いったい誰に見てもらうためのものでしょう?
この「コンセプト」が決まっていないまま、何となく始めてしまうケースが非常に多くあります。
当然ターゲットは「お客様」になると思いますが、その「お客様」にもいろんな人がいますよね。

1706-2

・既に何回も製品を購入してくれているお客様
・一度ご来店いただいたことがあるお客様
・キーワード検索で自社製品を知り、興味を持ってくれているお客様

どの人もみんなお客様ではありますが、それぞれ興味を持ってくれる内容は違ってくるのではないでしょうか。
例えば「既に何回も製品を購入してくれているお客様」は、常連さんということですから、新商品を詳しく説明したり、顔なじみのスタッフのこぼれ話なんかを面白がって読んでくれるかもしれません。
でも、まだ「製品に興味を持っている」程度のお客様に、スタッフのこぼれ話の面白さは伝わるでしょうか?
なんとなく、「内輪で盛り上がっているだけ」に見えてしまいそうです。
それよりも、購入や導入の決め手になるようなレビューや、他社製品との比較になる情報を得たいと思うものではないでしょうか。
ブログ全体のターゲットを固定するのは難しいかもしれませんが、記事ごとのターゲットくらいは明確にしておきたいですね。

読みたくなる「タイトル」にする

ブログ自体のタイトルも、記事ごとのタイトルも、「タイトル」というのは重要です。
第一の導入部分になり、文字サイズも大きくなるので、「おっ」と目を引き、興味を持たれるようなタイトルにしたいですよね。
タイトルの付け方にはいろいろとコツがあり、具体的な数字が入っていると良い、なんて言う説もありますが、何よりも読み手の気持ちを考えた付け方にするのが一番です。
業種によっては専門用語と言える言葉を使わないと文章が書けない、というケースもあるかもしれませんが、それは読み手が全員理解できるものかどうか、考えてみましょう。
また、「GoogleやYahooで検索する人」のことを考えてタイトルを付けるのもいいですね。
自分自身が何か知りたいとき、どんなふうに検索するか、を考えてみましょう。たぶんいくつかのキーワードを組み合わせますよね。
このブログ記事を探し当ててもらうにはどんなキーワードが必要かな?というように考えると、自然にタイトルが決められると思います。

何を書けばいいか困ったら…

1706-3

企業のブログでみなさんが一番お困りのことは、ずばり「ネタ切れ」ではないでしょうか。
ブログ開始時は当番制を決めて、週に3回は更新するぞ!と意気込んでいたのに、いざ始めてみると「今週はちょっと忙しいから無理」という人が出てきはじめ、だんだん書くことが思いつかなくなって…というように、ただ「続ける」こと自体が難しいのが会社ブログかもしれません。
何を書けばいいか困ったとき、テーマを決めるための方法をいくつか考えてみましょう。

お客様の声から発想する

お客様のご意見や質問は、そっくりそのままブログのテーマにすることができます。
既存のお客様からよくされる質問、新規のお客様が「実はあのとき…」と教えてくれるご意見など、他のお客様も知りたい・言いたいことである可能性は非常に高いと思います。
営業マンやコールセンターの担当者と情報を共有して、お客様の生の声を集める工夫をすれば、自然にブログテーマが溜まっていきます。

同業他社のブログチェックを怠らない

ブログだけでなく、同業他社のホームページは必ず目を通しましょう。
「真似をしましょう」と言っているわけではありません。
同じ業種の会社が、どんなブログを運営していて、どんな戦略を練っているのかをきちんと把握しましょう、ということなのです。
どんなに頑張ってブログテーマを探して記事を書いても、同業他社のブログに既に同じ内容がアップされていて、そっちの方が文章量も多く読んでて面白い記事だったとしたら、残念ながらあまり多くの人に見られることはないと思います。
まずは同業他社のブログをきちんとチェックして、参考にするといいかもしれません。
同じような内容のことを書くことになったら、どうやって差別化するか、どうすれば自社の記事の方がたくさん読んでもらえる記事になるかを考えてみましょう。

アクセス解析結果を参考にする

会社ブログへのアクセス解析を行っていますか?
サーバーに付いている機能や、無料で使えるGoogleアナリティクスを使って、アクセスデータを取得すれば、どんなキーワードでブログが検索されているかを知ることができます。
全ての検索キーワードを知ることはできませんが、思ってもみなかった単語を見つけることができ、ブログテーマに活かすことができますよ。

まとめ

簡単に始められるメリットがある会社ブログですが、続けていくためには始めに戦略を練ることや、ターゲットを定めること、続けるための仕組みが必要です。
オリジナルデザインの会社ブログ作成など、ご相談をお待ちしております。

関連記事

006

今日からできる!SEO対策

「SEO対策」というと、なんとなくとっつきにくさが先行してしまい、難しそうだしなんだか良く分からない

記事を読む

スマホ対応は必要?

スマホ対応は必要?

近年、多くの人がガラケーと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンに機種変更をしています。 電話だけか

記事を読む

b7de25cce3b88336538f2c6208b07aa5_s

Webで売る!決済方法について知ろう

ネットショップをスタートさせて、直接的に利益をうむホームページを作ってみると、今まで取引のなかったお

記事を読む

2009151463323477801

ホームページに動画を取り入れよう!

最近、動画をよく目にすることが多くなりました。Web広告でも動画を使ったものが増えましたよね。不動産

記事を読む

ネットショップ

そもそもネットショッピングとは

自社で取り扱っている商品を、ネットショップで出品してみようかなとお考えの方は いらっしゃると思いま

記事を読む

20140804120346-240S

担当者必見!採用にもホームページを活用しよう!

お客様に向けての情報発信のためだけにホームページを活用していませんか? ホームページは採用にも活用

記事を読む

自社で更新

自社で定期的にホームページを更新したい!更新システムを利用する場合

ホームページ制作会社へ依頼をした場合、必ず聞かれるのが 自社での更新を行うかどうかということ。

記事を読む

illust3684

鮮度が命のホームページ!CMSで更新しよう

ホームページは「鮮度が命」です。 常に最新の情報を掲載し、タイムラグなく発信することが求められてい

記事を読む

1611

事例、レビュー 掲載のススメ

自社のホームページに載せるべきコンテンツは何があるでしょうか? 会社の基本的な情報を載せる会社概要

記事を読む

icon

新着情報だけじゃない!CMSでコンテンツもしっかり更新!

CMSについては、こちらの投稿をご覧ください! http://www.web-balloon.co

記事を読む

1710
インターネットに安心・安全を…SSLのススメ

「SSL」って何でしょう?聞いたことありますか? 名前だけは聞いたこ

3
いつどこからどうやってアクセスしているの?ユーザーの動向を把握しよう!

ホームページを運営されている方が一番気になるのが、ホームページへアクセ

1709
なんぼで出来る?ホームページにかかるお金の話

「結局のところ、なんぼで出来るの?」というご相談をいただくことがありま

170913
2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はad

田中さん用サムネイル
動画コンテンツを取り入れる!使えるアイディア集

スマートフォンの普及によって身近になったもののひとつは「動画」ではない

→もっと見る

PAGE TOP ↑