ポイントは写真映え!?instagramを活用しよう

公開日: : WEB活用術

スマートフォンが普及するとともにSNSを利用する人が増え、企業でもSNSを活用することはここ数年で一般的なことになってきましたよね。
業種や会社規模に関わらず、FacebookやTwitterを使い、日々情報を発信している企業が多いと思います。
ユーザー視点でもこれはありがたいことが多く、よく行くお店を身近に感じられたり、好きなブランドのリアルタイムな情報を得ることができます。

その一方で、次々に新しいSNSが登場し、そのたびにアカウントを作ってはみるものの、使い分けができなくて…結局ほったらかしに!という企業も多いのではないでしょうか?
2~3年前から更新されていない企業のFacebookページ、残念ながら結構たくさん見ますよね。
SNSをうまく活用するには、まずは自社のことをよりよく理解し、数あるSNSそれぞれの特徴を理解する必要があります。
あらゆるSNSは似ている面ももちろんありますが、ユーザー層や主となるコンテンツなど、必ず特徴があるものです。
それを理解し、自社に合ったものだけを利用することが、アカウントを無駄にしない方法のひとつではないでしょうか。

今回は、SNSの中でも「Instagram(インスタグラム)」について、その特徴や活用例を見ていきましょう。

Instagram ってなんだ?

1707_1名前だけは聞いたことある…という方も多いかもしれません。最近はテレビや雑誌でもその名前を目にする機会が増えている印象です。芸能人も使ったりしていますよね。
Instagramとは、写真を撮影・加工して共有できるスマートフォン向けのアプリのことです。ユーザー同士がフォローし合い「いいね!」を付けたり、コメントしたりできるSNSの機能も持っています。
2010年にリリースされ、2012年にFacebookが買収、その後2014年には月間アクティブユーザーが全世界で3億人を超え、多くの人に利用されています。
なお、2016年12月日本国内の月間アクティブユーザー数は1,600万人とのこと!人気のサービスだということがお分かりいただけると思います。
ちなみにアクティブユーザーというのは「アカウントを持っているけどサービス自体は使っていない」というユーザーを除いた「期間内に一回以上はサービスを利用した」ユーザーのことを指します。

どんな特徴がある?

1707_2FacebookやTwitterにも画像を投稿することができますが、Instagramはより写真や動画を投稿することに特化したサービスです。
そもそもInstagramはテキストのみの投稿はできないので、必然的に写真・動画・画像がメインになります。
また、Instagramはアプリに初めから写真を加工できるフィルターが用意されており、ユーザーが自分の好みに合わせてレトロ風にしたり、フィルム写真風にしたり、おしゃれに編集して投稿できます。

どんな企業に向いている?

テキストより写真・動画・画像をメインとしたInstagramでは
・おいしそう
・かわいい
・きれい
・かっこいい
・行ってみたい
・欲しい
・やってみたい
といったユーザーの感情に、「ビジュアル的」にアピールできる商品・サービスの場合は、Instagramが向いているのではないでしょうか。

1707_3例えば「おいしいチーズケーキとコーヒーのお店です」と文字だけでアピールするより、実際に写真でチーズケーキの写真を撮り、コーヒーを注いでいる動画を見せたほうが「おいしそう!」と思ってもらえそうですよね。
最近では「インスタ映え」「インスタジェニック」というような言葉もよく聞かれるようになり、パッと目を引くようなカラフルな写真や、雑誌のようにスタイリングした写真を投稿する一般ユーザーがたくさんいます。
企業でも同じように、写真にする方が映える=よりよく伝わる場合は、Instagramの利用をおすすめします。
なお、Instagramではアカウントをフォローすると投稿を閲覧できるようになるため、まずはフォロワーを増やす必要があります。そのため、定期的に更新したりユーザーからのコメントに対応したり、細かな運用が求められます。これはInstagramに限ったことではなく、他のSNSでも同じことですね。

企業の活用例

ごく一例ですが、企業の公式アカウントです。
他にも多くの企業や店舗がInstagramを利用していますので、ぜひ検索してみてください。

ハーゲンダッツジャパン

1707_4

1枚の写真だけでなく、複数枚に分割して投稿するなど、おしゃれな写真を数多く掲載。新商品がどんなフレーバーかを商品パッケージを写さずに見せ、ユーザーがフレーバーを当てる企画や、商品を使ったアレンジレシピを紹介する短い動画など、楽しんで見られるようになっている。「ハーゲンハート探し」など、ユーザーが参加できるキャンペーンなども実施。
https://www.instagram.com/haagendazs_jp/

カルビー

1707_5

自社の商品とともに、味を説明する食材や、商品に合う飲み物、季節感のあるコーディネートなどを合わせた写真を掲載。手描きのイラストや折り紙で作ったキャラクターを添えることもあり、ただ商品写真を載せているだけではないため、ユーザーがコメントしたり「いいね!」したりしやすい。ハッシュタグを利用したプレゼントキャンペーンも実施。
https://www.instagram.com/calbee_jp/

広告も本格化

数年前から、企業向けに運用型広告が本格的にスタートしました。
Instagramを企業が活用するにはリンクによる誘導ができないなど、直接的に売上に繋げることが難しい点がありました。
広告では「購入する」「インストールする」「詳しく見る」というようなボタンを付けることができるようになり、商品購入ページやアプリダウンロードへの誘導が可能になりました。このため、Instagramを宣伝に活用する企業が増えています。
さらに広告はどんなユーザーに表示したいか(年齢、性別など)を決めてターゲティングすることができ、費用も調整できるため、少額から始められ、効果を測定しながら出稿することができます。

まとめ

あらゆるSNSが存在し、企業もそれを有効に活用することが求められています。
「Instagramが流行っているらしいからとりあえず始める」ではなく、まず自社の商品やサービスがどのようなものかを考えることから始めましょう。
上手に活用し、広告も組み合わせて運用すれば、フォロワーを増やしたり、売上に繋げることも可能です。ぜひ利用してみてくださいね。
SNS利用に関するご相談や、誘導ページの作成など、ユーシステムにご相談ください。

関連記事

ScreenClip

Yahoo! が新たな広告掲載方式を発表!その狙いと効果とは?

Yahoo!Japan!は5月20にスマートフォン版とアプリ版のトップページを新デザインにリニューア

記事を読む

meisi

名刺でも集客!ホームページにアクセスしてもらうためのアイデア

せっかく作ったホームページですから、たくさんの人にアクセスしてもらいたいですよね。 ホームページに

記事を読む

youtube

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

956a896bb52c5693e107bc92e9c4d896_s

訪問者を追いかけて成果をあげる方法

ホームページへの集客について、考えられる方法は様々ですが、そのうちの一つが「Web広告」です。広告費

記事を読む

082979

確実に情報を探したい時の、Google検索のコツ

「知りたい情報があるのにどうやって検索すればいいのかわからない」「探しても探しても見つからない」と思

記事を読む

blog_201611_1

採用情報ページを見直して採用率アップ

新卒・中途採用いずれの場合にも、 応募される方にとって企業公式ホームページは重要な判断材料のひとつで

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

142

お問い合わせ数倍増!!成功の秘訣とは

ホームページには必ず目的(ユーザーに起こしてもらいたいアクション)があります。それを達成してもらうた

記事を読む

040192

効果をあげるランディングページとは

ホームページとは別の、独立したページとしてランディングページがあることを、先日こちらの記事でご紹介し

記事を読む

170913
2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はad

田中さん用サムネイル
動画コンテンツを取り入れる!使えるアイディア集

スマートフォンの普及によって身近になったもののひとつは「動画」ではない

img
ブラウザサイズからホームページを考えよう

普段使用していないパソコンを使った時やパソコンを新調した時に日々閲覧し

1707
ポイントは写真映え!?instagramを活用しよう

スマートフォンが普及するとともにSNSを利用する人が増え、企業でもSN

icon
新着情報だけじゃない!CMSでコンテンツもしっかり更新!

CMSについては、こちらの投稿をご覧ください! http://www

→もっと見る

PAGE TOP ↑