わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

公開日: : ホームページ制作

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言われるひと言、それは「わかりやすいホームページにしたい」です。わかりやすく、見やすく、シンプルなホームページにしたい、と。
私も大いに賛成です。ぜひわかりやすいホームページにしましょう、とお答えします。
でも「わかりやすいホームページ」とは、具体的に一体何なのでしょうか?
今回はホームページにとって「わかりやすさ」とは何か、わかりやすいホームページを作るために、企業はどのように情報を精査し、選別すべきかを考えていきましょう。

パッと見て、すぐわかる!明確化できていますか?

1803_1

何の企業で、何を提供しているのか、何を紹介するホームページなのかが、ホームページを開いてどれくらいの時間で分かるでしょうか。
自身がインターネットで様々なホームページを見ているとき、何かを探しているとき、検索しているときのことを、具体的に思い出してみてください。
1つのホームページを20~30分見続けていること、ありますか?
おそらく長くても5分程度、短ければ数秒で別のホームページに移動してしまっているはずです。
もちろん移動・離脱してしまう理由は様々ですが、望んだ情報があるかどうか分からないホームページを10分も20分も見続けているほど、ユーザーはのんびりしていません。
欲しい情報に対してユーザーはとてもシビアです。見つからなければ次!検索キーワードを変えてみて次!と、結構せわしなくホームページを見ています。
あなたの会社のホームページだけは例外、なんてことはありません。数秒で判断され、ユーザーは去ってしまいます。誰が見ても理解できるように明確化することが、「分かりやすいホームページ」への第一歩です。

わかりやすい「文言」でホームページを構成する

そもそもメニューに並んでいる「文言」が難しい、素人には分からない、というケースが、専門性の高い企業には意外とありがちです。特に専門用語だと思わずに使っている、難しいワードをたくさん並べたり、一般的とは言えないような略語をタイトル名に使っていませんか?
私たちの業種も、専門用語と略語がとても多いので、なるべくわかりやすい単語に言い換えをするよう心掛けています。自社のターゲットになるお客様がどういった層かをよく考えて、ホームページで使う言葉・単語・文言を選びましょう。

1803_2

メニュー名はよく考えよう

例えば今、ある会社の従業員数を調べるとして、
下記のようなメニューが並んでいると困りませんか?

1803_3

極端な例に見えるかもしれませんが、似たようなことが意外と起こっています。
企業側はどこに何を掲載したか覚えているので特に困りませんが、ユーザー側は戸惑うはずです。
何か調べるつもりでホームページを見ている場合、ユーザー側は「どこに書いてありそうか」を考えながらメニューを選んでいます。
自分がユーザー側に立ってみると、似たような名前のメニューはもちろん、何のことか伝わりにくいメニュー名は困りますよね。
メニュー名は他社のものを参考にして安易に決めてしまわず、自社の情報をよく精査して決めましょう。

詰め込み式に情報をのせない

ホームページはチラシやパンフレットなどの紙媒体と違い、基本的には制限なく情報を載せることができます。また、検索エンジンで上位に表示されるために、たくさんの文字情報を掲載することは有効とされています。
ただし、検索ロボットが見てわかりやすいホームページと、人間の目で見てわかりやすいホームページは必ずしも一致しません。
人間が目で見る場合、あまりに多すぎる情報は逆効果です。雑誌や新聞を読むときと同じように、目で追う文章量が多いと疲れますし、文字だけで構成されたページはどんなに有益な情報があるとしても、読みづらいでしょう。
情報をたくさん載せる場合は、見出し・小見出しを入れて区切り、写真やイラスト、図も使って文字だけを詰め込んだページにならないよう、気をつけましょう。

何でも文章にしない!”インフォグラフィック”という考え方

何でも文章にして説明しようとすることは、必ずしも正解ではありません。文章にしづらいな、写真を添えても伝わらないかも、という場合は”インフォグラフィック”にしてもいいですね。
”インフォグラフィック”とは、情報やデータ、知識を視覚的に表現したもので、報道や技術文書、教育の場などでも使われています。具体的には下記のようなもの。

20180319_img1
参考URL http://www.global.jcb/ja/press/00000000162614.html

rodoryoku600
参考URL https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/prefecturerank/01

情報を素早く、簡単に表現することができるので、文章で説明しづらいものはもちろん、文章にするよりも興味を持って見てもらえそうですね。何でも文字にしなければ、と思わず、いろんな方法を検討してみると、わかりやすいホームページに近づけます。

最後に<

「わかりやすいホームページ」と言うと、文字のサイズやボタンの大きさ、配色やレイアウトなど、どちらかと言うとデザインの話になりがちです。
しかし、そもそもホームページに何を載せるか、と検討するところから、わかりやすいホームページ作りは始まっています。
会社のホームページだから、会社案内のパンフレットと同じ内容を載せておけばいいか、とか、前のホームページと同じでデザインだけ新しくすればOK、などと思わず、情報を精査・選別するところから考えていきましょう。
ユーシステムではデザインや構築作業だけでなく、ホームページに掲載する内容からご相談を承ります。ぜひご相談ください。お問い合わせはこちら

関連記事

viewport

SEO対策に効くスマートフォンサイトのデザインとは?

2015年2月27日、Googleが公式に発表した「ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをラン

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

lgi01a201408131300

ホームページはモバイル向けを最優先に考える時代へ

モバイルファーストとは モバイル向けを最優先に考えることを「モバイルファースト」と呼びます。これは

記事を読む

img_kaiketsu1_02

HPの更新でお困りなら、知らなきゃいけない”CMS”

CMSとは、「コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、プログラミングの知識無しに、ホーム

記事を読む

9114e8f3160b60302bd32399ad9a285c_s

何を?誰に向けて?サイトコンセプトを考えよう

ホームページを作る前に、最も重要と言えるのは「サイトコンセプト」を考えることではないでしょうか。デザ

記事を読む

427601

サーバーって種類があるけど何を選べばいいの?

サーバーの種類は大きく分けて4つあります。 ・共用サーバー ・専用サーバー ・VPSサーバー

記事を読む

040

全業種共通!企業がホームページを持つべき4つの理由

「うちはインターネットで商品を売るわけじゃないし、ホームページは別に要らないんじゃない?」とおっしゃ

記事を読む

スマホ対応は必要?

スマホ対応は必要?

近年、多くの人がガラケーと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンに機種変更をしています。 電話だけか

記事を読む

2009151463323477801

ホームページに動画を取り入れよう!

最近、動画をよく目にすることが多くなりました。Web広告でも動画を使ったものが増えましたよね。不動産

記事を読む

150731

お客様を上手に導く!ランディングページの考え方

ホームページの目的は ・企業のPRのため ・ショップサイトで商品を購入してもらうため ・商談に

記事を読む

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

thm
時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもス

→もっと見る

PAGE TOP ↑