自社商品をネットで販売~自社運営かショッピングモール出店か~

公開日: : 最終更新日:2015/07/30 ホームページ制作, ホームページ運用

ネットショップでの出店形態は、大きく分けると
・自社でのネットショップ運営
・ショッピングモールに出店
の2つがあります。

●自社でのネットショップ運営

自社のホームページに独自出店用の運用システムやサービスを、比較的簡単に導入することが可能です。
種類も多数あり、販売する商品やサービスによって、合ったものを選ぶこともでき、需要は多いです。

また、自社でのネットショップ運用システムを始めからすべて構築することもできます。
ショッピングカート機能や、受注管理、入金管理、発注処理、メール配信機能等その企業にあったシステムを構築するので、自由度がかなり高くなります。
しかし、構築完了までに時間と費用をかなり要するのと、専門的な知識も必要となるでしょう。

自社での運営では、独自のドメインを使うことができます。ドメインとはインターネット上の住所(アドレス)のことで、(www.○○○○.co.jpや、www.△△△△.comなど)URLとも呼ばれます。
URLが長くなりすぎず、お店の名前も覚えてもらいやすいのが特徴です。

お店の名前を覚えてもらえるということは、検索もしやすく、新規顧客の獲得はもちろんのこと、リピーターにもなってもらいやすいということです。存在感や信頼度アップにもつながるでしょう。

ただ、ネットショップへ訪れてもらうのに、バナーやリスティング広告、自社会員向けのメルマガなど、集客方法に工夫が必要となります。onlineshop

●ショッピングモールに出店

ショッピングモールとは、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどをさします。
場所を借りてテナントを構える形で、ひとつのサイトに多数の店舗が出店しています。

ユーザーはサイト内でほしい商品のカテゴリを指定してショッピングモールサイト内で検索をかけます。
するとその商品を取り扱っているたくさんのお店が検索結果に上がってくるので、その中から商品を選ぶことができます。
しかし、たくさんのお店が出店されているため、ネットショップ側としては、ユーザーに選んでもらうのが逆に難しいかもしれません。
モール内でのネットショップ開業には、その運営会社との契約が必要で、毎月の手数料やロイヤリティが発生します。
そしてユーザーからは、モール内のいちショップという認識なので、お店の名前を覚えてもらいにくいということもあります。shop2

では、自社のネットショップを開業する上で、どちらに出店した方がいいのか。

始めは会社の予算も考えながら、どちらにするかを決めて行けばいいと思いますが、
将来的には、その両方に出店できることが理想ではないでしょうか。
実際にその2つともの出店形態でネットショップ運営を行っている会社は多くあります。

自社でのネットショップ運営も、ショッピングモールに出店もそれぞれににメリット、デメリットがあります。
両方に出店することで、メリットはそのままに、デメリットを補い合い相乗効果で売上げのアップにつなげられるのではないでしょうか。

ネットショップ運営をお考えでしたら、ユーシステムまでお気軽にご相談ください。

関連記事

ホームページ開設にはサーバーが必要!

ホームページ開設にはサーバーが必要!

ホームページを開設するためには、サーバーが必須になります。 サーバーとは、簡単に言うと、ホーム

記事を読む

mark_syoshinsya

初心者向け!アクセス解析の基礎知識

ホームページを作成した後、私たちは手をかけてホームページを育てていくこと、つまりホームページの運用に

記事を読む

会社の顔

良いホームページとは

今の時代、ほとんどの会社が自社のホームページを持っています。 最新の技術を活かしたものや、テキスト

記事を読む

956a896bb52c5693e107bc92e9c4d896_s

訪問者を追いかけて成果をあげる方法

ホームページへの集客について、考えられる方法は様々ですが、そのうちの一つが「Web広告」です。広告費

記事を読む

1702

リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日頃一番多く目にするのは「リステ

記事を読む

hikaku_ball_man

競合サイトから学ぶ、どんなホームページを作るか

これからホームページをつくろう!またはより良いホームページにリニューアルしよう!というとき、必ず必要

記事を読む

lock

あなたのホームページは大丈夫?セキュリティを支えるSSLとは

サービスの予約やお申込み、商品の購入まで何でもホームページ上でできることが当たり前になった昨今、個人

記事を読む

150501

”見込み客数”がアクセス解析で見える!

あなたの会社の製品やサービスに、興味を持ってくれている人、購入する可能性のある人は「見込み客」です。

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

aaaUAL

アクセス解析からユーザーが求めている情報を探ろう

このブログでは何度も言っている通りホームページは作って終わりではありません。常に改善を繰り返していく

記事を読む

Image (5)
まだ遅くない!SEOへの第一歩

せっかくホームページを作ったのに、検索エンジンからのアクセスが伸びない

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショ

1702
リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日

170113_0
グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコ

170123
アクセス解析で全解剖!自社のホームページをもっと知ろう

あなたの会社・お店のホームページには、月に何人の人が訪問しているか、把

→もっと見る

PAGE TOP ↑