ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

公開日: : 最終更新日:2015/04/03 WEB活用術, ホームページ制作

webmastertool「Googleウェブマスターツール」とは

このブログではGoogleアナリティクスについては何度か解説しましたが、アナリティクスと合わせて使うべきもう一つのSEO対策ツールがあります。それは「Googleウェブマスターツール」です。

Googleアナリティクスは、ユーザーのホームページに入ってからの行動を知ることができるツールでしたが、Googleウェブマスターツールはユーザーがホームページに入る前の行動がわかります。
例えば、
・検索したキーワード
・そのキーワードによって検索結果に表示された順位と回数
・検索結果に表示されて、実際にアクセスしたかどうかの割合
などです。
アナリティクスでも検索されたキーワードはわかりますが、わかるのは実際にクリックしたユーザーのものだけです。そのためより広い範囲で検索されるキーワードがわかるようになります。Googleアナリティクスと合わせて使うと、よりホームページの現状が見えてくるでしょう。

またウェブマスターツールでは、Google検索エンジンがどのようにホームページを見ているのかも知ることができます。これがわかると、検索エンジンに好かれるホームページの作り方が見えてきます。

神戸のホームページ制作会社ユーシステムではGoogleアナリティクスやWEBマスターツールの導入もサポートしています。詳しくはこちら→

HTMLの改善

さらにウェブマスターツールでは、Google検索エンジンがどのようにホームページを見ているのかも知ることができます。

ウェブマスターツールの「検索のデザイン」から「HTMLの改善」を開くと、HTMLの改善項目を教えてくれます。
HTMLとはホームページを構成しているプログラム言語のことです。例えばメタタグ(ホームページのキーワードや説明文など)やタイトルタグについて、サイト内で重複はないのか、長すぎないか、短すぎないか、エラーがないのか、などが一目でわかります。

これらの情報はとても重要でSEOの基礎と言えます。ウェブマスターツールはGoogleのサービスですから、もしたくさんの改善点が診断された場合は、つまりGoogleの評価が低いということです。
意外とこの辺りの基礎がしっかりできていないホームページはたくさんありますし、逆にこれらを改善するだけでかなり順位が上昇することもあります。皆様のホームページはどうでしょうか?ぜひ活用してみてください。

神戸のホームページ制作会社ユーシステムではGoogleアナリティクスやWEBマスターツールの導入もサポートしています。詳しくはこちら→

重要な「サイトマップ」と「robots.txt」

1つ目の「サイトマップ」とはサイト構造を検索エンジンに教えるためのものです。通常、検索エンジンはリンクを辿り、そこからページを見つけ出してくれますが、見つかりにくいページがあれば、上手く認識されない可能性があります。そこで検索エンジンに対してサイト構造を伝え、ただしく認識してもらうために「サイトマップ」を使います。
特にページ数が多いホームページでは、サイト構造も複雑になるので、「サイトマップ」無しでは、中々全てのページを巡回してもらうのは難しくなります。そうなると、いくら頑張ってページ数を増やしてもSEO的には意味がありません。だからこそサイトマップを正しく設定する必要があります。

そして2つ目の「robots.txt」では、「サイトマップ」がどこに設置されているのかを検索エンジンに伝えることができます。検索エンジンはサイトにアクセスしたときに、まず「robots.txt」を読み込みます。そこにサイトマップの場所が記載されていればサイトマップを読み込むのです。
ウェブマスターツールでは「robots.txt」無しでも、Googleに対して直接「サイトマップ」の場所を教えることもできます。しかし検索エンジンはGoogleだけではありませんので「robots.txt」も正しく設定することをおすすめします。

これらはどちらもホームページに訪れたユーザーに見えることはありませんが、検索エンジンにとっては非常に重要で、これらが正しく設定できているホームページは効率的に巡回できます。巡回の効率が良くなればSEO的にも大きなプラスとなるでしょう。

ウェブマスターツールを使うと、これらが正しく設定できているか教えてくれます。もし設定にミスがあった場合はSEO的にかなりのマイナスになる恐れもあるので、必ずウェブマスターツールより確認することをおすすめします。そしてもしまだ設定を行っていない方は、今すぐ行うことをおすすめします。ウェブマスターツールを使って、検索エンジンに好かれるホームページにしていきましょう。

神戸のホームページ制作会社ユーシステムではGoogleアナリティクスやWEBマスターツールの導入もサポートしています。詳しくはこちら→

 

関連記事

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショッピングサイトで扱う画像につい

記事を読む

019

最近よく聞くクラウドサービスって何だろう?

クラウドサービスとはソフトやハードウェアを導入せずに、インターネット上で利用できるサービスのことです

記事を読む

s002_578

iPhoneとAndroidって何が違うの?

この2つの一番の違いは開発している会社が違うことです。 iPhoneはOS(中身)ハード(機種

記事を読む

DSC_1715

Googleが語った!モバイル対応していないサイトは順位が下がる!?

Googleが検索順位のアルゴリズムの変更を発表 Googleは2015年2月26日に、ホームペー

記事を読む

ScreenClip

自分のホームページのアクセス数が知りたい。

ホームページのアクセス数などを調べることをアクセス解析といいます。これによりホームページがどのくらい

記事を読む

ScreenClip

コンバージョン率が上がる理想の入力フォームの形とは?

コンバージョンとは、ユーザーからのお問い合わせ・資料請求や会員登録など、そのサイトが設定している目標

記事を読む

ネットショップ事前準備

自社商品をネットで販売~事前準備~

ネットショップ初期の頃は「楽をして儲かる」や「簡単に稼げる」等のキャッチフレーズを、目にしたことがあ

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

l_120

最近多い「○○に脆弱性が発覚!」でも脆弱性ってそもそも何?

脆弱性とはコンピュータのソフトウェアやシステムにおいて、プログラム上の設計ミスや不具合が原因となって

記事を読む

img_responsive_04

全てのデバイスに対応させる「レスポンシブサイト」

パソコンにスマートフォンやタブレットにガラケーなど、世の中はたくさんのデバイスで溢れています。しかし

記事を読む

img
ブラウザサイズからホームページを考えよう

普段使用していないパソコンを使った時やパソコンを新調した時に日々閲覧し

1707
ポイントは写真映え!?instagramを活用しよう

スマートフォンが普及するとともにSNSを利用する人が増え、企業でもSN

icon
新着情報だけじゃない!CMSでコンテンツもしっかり更新!

CMSについては、こちらの投稿をご覧ください! http://www

1706
ネタ切れで困ってない?会社ブログを続ける秘訣

会社でスタッフブログをやっているのって、最近ではめずらしいことではなく

illust3684
鮮度が命のホームページ!CMSで更新しよう

ホームページは「鮮度が命」です。 常に最新の情報を掲載し、タイムラグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑