ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

公開日: : 最終更新日:2015/04/03 WEB活用術, ホームページ制作

webmastertool「Googleウェブマスターツール」とは

このブログではGoogleアナリティクスについては何度か解説しましたが、アナリティクスと合わせて使うべきもう一つのSEO対策ツールがあります。それは「Googleウェブマスターツール」です。

Googleアナリティクスは、ユーザーのホームページに入ってからの行動を知ることができるツールでしたが、Googleウェブマスターツールはユーザーがホームページに入る前の行動がわかります。
例えば、
・検索したキーワード
・そのキーワードによって検索結果に表示された順位と回数
・検索結果に表示されて、実際にアクセスしたかどうかの割合
などです。
アナリティクスでも検索されたキーワードはわかりますが、わかるのは実際にクリックしたユーザーのものだけです。そのためより広い範囲で検索されるキーワードがわかるようになります。Googleアナリティクスと合わせて使うと、よりホームページの現状が見えてくるでしょう。

またウェブマスターツールでは、Google検索エンジンがどのようにホームページを見ているのかも知ることができます。これがわかると、検索エンジンに好かれるホームページの作り方が見えてきます。

神戸のホームページ制作会社ユーシステムではGoogleアナリティクスやWEBマスターツールの導入もサポートしています。詳しくはこちら→

HTMLの改善

さらにウェブマスターツールでは、Google検索エンジンがどのようにホームページを見ているのかも知ることができます。

ウェブマスターツールの「検索のデザイン」から「HTMLの改善」を開くと、HTMLの改善項目を教えてくれます。
HTMLとはホームページを構成しているプログラム言語のことです。例えばメタタグ(ホームページのキーワードや説明文など)やタイトルタグについて、サイト内で重複はないのか、長すぎないか、短すぎないか、エラーがないのか、などが一目でわかります。

これらの情報はとても重要でSEOの基礎と言えます。ウェブマスターツールはGoogleのサービスですから、もしたくさんの改善点が診断された場合は、つまりGoogleの評価が低いということです。
意外とこの辺りの基礎がしっかりできていないホームページはたくさんありますし、逆にこれらを改善するだけでかなり順位が上昇することもあります。皆様のホームページはどうでしょうか?ぜひ活用してみてください。

神戸のホームページ制作会社ユーシステムではGoogleアナリティクスやWEBマスターツールの導入もサポートしています。詳しくはこちら→

重要な「サイトマップ」と「robots.txt」

1つ目の「サイトマップ」とはサイト構造を検索エンジンに教えるためのものです。通常、検索エンジンはリンクを辿り、そこからページを見つけ出してくれますが、見つかりにくいページがあれば、上手く認識されない可能性があります。そこで検索エンジンに対してサイト構造を伝え、ただしく認識してもらうために「サイトマップ」を使います。
特にページ数が多いホームページでは、サイト構造も複雑になるので、「サイトマップ」無しでは、中々全てのページを巡回してもらうのは難しくなります。そうなると、いくら頑張ってページ数を増やしてもSEO的には意味がありません。だからこそサイトマップを正しく設定する必要があります。

そして2つ目の「robots.txt」では、「サイトマップ」がどこに設置されているのかを検索エンジンに伝えることができます。検索エンジンはサイトにアクセスしたときに、まず「robots.txt」を読み込みます。そこにサイトマップの場所が記載されていればサイトマップを読み込むのです。
ウェブマスターツールでは「robots.txt」無しでも、Googleに対して直接「サイトマップ」の場所を教えることもできます。しかし検索エンジンはGoogleだけではありませんので「robots.txt」も正しく設定することをおすすめします。

これらはどちらもホームページに訪れたユーザーに見えることはありませんが、検索エンジンにとっては非常に重要で、これらが正しく設定できているホームページは効率的に巡回できます。巡回の効率が良くなればSEO的にも大きなプラスとなるでしょう。

ウェブマスターツールを使うと、これらが正しく設定できているか教えてくれます。もし設定にミスがあった場合はSEO的にかなりのマイナスになる恐れもあるので、必ずウェブマスターツールより確認することをおすすめします。そしてもしまだ設定を行っていない方は、今すぐ行うことをおすすめします。ウェブマスターツールを使って、検索エンジンに好かれるホームページにしていきましょう。

神戸のホームページ制作会社ユーシステムではGoogleアナリティクスやWEBマスターツールの導入もサポートしています。詳しくはこちら→

 

関連記事

ホームページ開設にはサーバーが必要!

ホームページ開設にはサーバーが必要!

ホームページを開設するためには、サーバーが必須になります。 サーバーとは、簡単に言うと、ホーム

記事を読む

1612

オムニチャネルについて考える!新時代のマーケティング

”オムニチャネル”という言葉、最近よく耳にしませんか?どういう意味かご存知でしょうか? もちろん知

記事を読む

自社商品をネットで販売

自社商品をネットで販売~自社運営かショッピングモール出店か~

ネットショップでの出店形態は、大きく分けると ・自社でのネットショップ運営 ・ショッピングモール

記事を読む

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショッピングサイトで扱う画像につい

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

1707

ポイントは写真映え!?instagramを活用しよう

スマートフォンが普及するとともにSNSを利用する人が増え、企業でもSNSを活用することはここ数年で一

記事を読む

a0001_011517

どれぐらいかかるの?ホームページにかかるコスト

実際のところ、ホームページを作成したり運営したりするのにどれぐらいコストがかかるのでしょう? 制作

記事を読む

mailform

今すぐお問い合わせ数アップ!?フォームのテクニック

あなたの会社のホームページの「目的」はなんでしょうか? 営業で、商品の販売、資料請求の受付や、採用

記事を読む

gyouretsu

売れるネットショップにするためにできる5つのこと

ネットショップをオープンしたら、ぜひ「売れるネットショップ」にしたいですよね。でも開店しただけでは「

記事を読む

079

今すぐ中小企業が活用すべき次のSNSとは!?

今年の10月に無料通話・メールアプリ「LINE」が、登録ユーザー数が世界で5億6000万人を突破した

記事を読む

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

thm
時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもス

→もっと見る

PAGE TOP ↑