名刺でも集客!ホームページにアクセスしてもらうためのアイデア

公開日: : 最終更新日:2015/04/03 WEB活用術

せっかく作ったホームページですから、たくさんの人にアクセスしてもらいたいですよね。
ホームページにアクセスする経緯は、
①URLを知っていてアクセスする
②他ページにリンクがあり、そこからアクセスする
③検索エンジンからアクセスする
などが考えられますが、①なら名刺を使って増やすことができます。
今日はその方法を見ていきましょう。kensaku_blog

■名刺にホームページURLを入れる
名刺には氏名、会社の住所、電話番号、メールアドレスなど、いつでも連絡を取ってもらえるように様々な情報が記載されています。
ここにホームページのURLも追加しましょう。
このとき載せるURLは、長すぎると入力が面倒なので避けたいですね。
なるべく短く、分かりやすく入力しやすいように、トップページのURLだけを載せると良いでしょう。

■名刺にQRコードを入れる
QRコードとは、情報を素早く読み取れる二次元コードのことです。バーコードのようなもの、と言った方が分かりやすいかもしれません。
ホームページURLを埋め込んだQRコードを作成し、これを名刺に記載しましょう。
QRコードはWebで簡単に作ることができ、しかも無料です。
スマートフォンや携帯電話で読み込むと、すぐにホームページにアクセスでき、URLを入力する手間が省けます。

■名刺に検索キーワードを入れる
「○○で検索!」というテレビCMを見たことがありませんか?
このキーワードで検索すれば必ず検索順位が1位になる、という検索キーワードがあれば、それを名刺に入れましょう。
これならホームページURLが長くても問題なくアクセスでき、QRコードを読み取る手間もなくなります。meishi1_blog

以上、すぐにできそうなアイデアがあったでしょうか?
ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ホームページ作成のご相談はこちら

関連記事

オムニチャネルについて考える!新時代のマーケティング

”オムニチャネル”という言葉、最近よく耳にしませんか?どういう意味かご存知でしょうか? もちろん知

記事を読む

ホームページとの合わせ技!SNSを活用しよう

「SNS」なんて、数年前までは耳慣れない言葉だったのに、今では種類も豊富でユーザーの層にも違いがあり

記事を読む

訪問者を追いかけて成果をあげる方法

ホームページへの集客について、考えられる方法は様々ですが、そのうちの一つが「Web広告」です。広告費

記事を読む

メリットいろいろ!Facebook広告

集客数アップやお問い合わせ数、購買数アップのための手段として「リスティング広告」や「リマーケティング

記事を読む

中小企業の味方「LINE@」の活用法とは

前回は、中小企業が今もっとも活用すべきSNSは「LINE@」であり、その理由をご紹介しました。 今

記事を読む

ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

「Googleウェブマスターツール」とは このブログではGoogleアナリティクスについては何度か

記事を読む

確実に情報を探したい時の、Google検索のコツ

「知りたい情報があるのにどうやって検索すればいいのかわからない」「探しても探しても見つからない」と思

記事を読む

2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はadobe社がサポートしている、イ

記事を読む

Googleアナリティクス活用講座 基本編

8月27日の記事でHPのアクセス数を見るためにGoogleアナリティクスの導入方法を説明しました。し

記事を読む

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑