今すぐお問い合わせ数アップ!?フォームのテクニック

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 ホームページ制作

あなたの会社のホームページの「目的」はなんでしょうか?

営業で、商品の販売、資料請求の受付や、採用、会員やメンバーの募集、などいろいろ考えられますね。
ホームページの訪問者に対して「最終的にはどのような行動をとってほしいか」を予め設定しておく必要があります。
また「その行動をとってもらった数」のことを「コンバージョン」と言います。

つまりあなたの会社のホームページの目的が「資料請求をしてもらう」ことだったとすると、「訪問者がホームページを閲覧し、あなたの会社に興味を持ってくれて、より詳しく知りたい!と資料請求フォームから名前や住所を送ってくれた」という行動がコンバージョンにあたるわけです。
このように、ホームページはただ作るだけではなく、目的を設定し、コンバージョン数を意識した作りにすることが大切です。
今日はこのコンバージョンを増やすために、どんなフォームにすべきなのか、を考えてみましょう。

入力フォームの作成時に考えるべきポイント

長いフォームは嫌われる

フォームに入力をしていて「よし、送信しよう」と思ったら、まだ次のページにもフォームの続きがあって…という経験はありませんか?むやみに長いフォームは入力が面倒で、ユーザーがそのまま離脱してしまうこともあります。
せっかくフォームまで来てくれて、入力してくれたのに、コンバージョンせずに終わってしまうのは非常に勿体ないですよね。
フォームは無駄な項目を排除して、なるべく短く作りましょう。
資料請求フォームなら、最低限、お名前と住所が分かれば良いでしょうし、
会社へのお問い合わせフォームでも、会社名と担当者名、電話番号とメールアドレスがあれば、最低限のコンタクトは取れるはずです。
極端な話、メールマガジンの登録なら、メールアドレスの入力欄さえあればそれで良いのです。
ユーザーの気持ちになってみて「ちょっと入力が面倒そうだな」と思ったら、少し項目を見直しましょう。

「必須項目」は本当に必須?

入力しないと送信できないものは「必須項目」として入れますが、これがあまりにも多かったり、なぜ今入力しなければならないのか理解できなかったりするフォームは敬遠されがちです。
せっかくだからアンケート的な内容の項目も入れよう、とか、あとで必要になるかもしれないからFAXも必須項目にしておこう、とか、もちろん気持ちは分かりますが、入力するユーザーにはあまり関係のないフォームになっていませんか?
最低限、何を入力すれば送信できるのか、ユーザーが見て分かるフォームを目指しましょう。
またどれが必須項目なのか分かりやすくするため、マークをつけるのもおすすめです。

送信完了までの道のりがわかるようにする

商品の購入フォームなど、どうしても長くなってしまう種類のフォームもありますよね。
次のページにもまだフォームの続きがあって「いったいいつ送信できるの?」と不安にさせてしまうかもしれません。
そんなときは、
お客様情報→送り先情報→支払方法選択→確認画面→注文完了
というように、ユーザーが今何を入力していて、あと何段階で注文完了できるのかを表示する「ステップ」を入れると良いでしょう。
これがあれば、先が見えない入力フォームでも安心して入力を進めることができますね。

入力例を入れておく

単に「電話番号をご入力ください」と表記されていても、人によって入力する内容は違ってきますよよね。
「0782527300」と全部繋げる場合、「078-252-7300」とハイフンを入れる場合、全角数字、半角数字、市外局番の有無など、少し考えただけでもあらゆる入力内容があります。
ユーザーに「どう入力すればいいのかわからない」と思われないよう、入力例を入れておきましょう。
「電話番号をご入力ください」の後に「例:0782527300」と表記されていれば「半角数字で、ハイフンは入れなくていいんだな」とすぐにわかります。
少しでもスムーズに入力してもらうために、入力例や注意書を入れましょう。

ボタンは分かりやすい文言に

フォームの下には必ずボタンがありますが、それが「送信するボタン」なのか「内容を確認する画面を見るボタン」なのか、はっきりと分からないことってありませんか?
商品の購入フォームでは「注文は完了しているけど、その後のクレジットカード決済が出来ていない」など、どのボタンを押すとどんなことが起こるのか分からなくて、コンバージョンしない、というケースが少なくありません。
ボタンには「確認画面を見る」や「送信する」、「この内容で資料請求する」など、これを押すと何が起きるのか、を明確に表記しましょう。

フォーム以外の連絡方法があれば案内しましょう

ユーザーの中には、メールでのやり取りに慣れていない人ももちろんいます。
もしフォームから送る以外の方法でも受け付けることができるなら、その方法を案内しましょう。
例えば商品購入フォームの近くに「ご注文はお電話でも承ります 078-252-7300」と表記するだけで、ユーザーは選択肢が増え、入力の手間を避けることができます。
ユーザーの年齢層や業種によっても、ホームページ上のフォームがベストな方法ではない場合があります。
幅広いユーザーからストレスなくコンバージョンしてもらえるよう、フォーム以外の連絡方法も明記しましょう。

ScreenClip

まとめ

あなたの会社のホームページは、離脱されやすいフォームになっていませんか?
少し修正するだけで、お問い合わせ数アップに繋がるかも!?
現状のフォーム改修も、ユーシステムにご相談ください。
神戸のホームページ制作・Web制作ならユーシステム

関連記事

s002_578

iPhoneとAndroidって何が違うの?

この2つの一番の違いは開発している会社が違うことです。 iPhoneはOS(中身)ハード(機種

記事を読む

2012110505

PC、スマホ、タブレット…最近のデバイス事情とは

ホームページを作成、運用するのに、パソコンのことだけ考えておけばよい、というのは、残念ながら間違いで

記事を読む

ScreenClip

自分のホームページのアクセス数が知りたい。

ホームページのアクセス数などを調べることをアクセス解析といいます。これによりホームページがどのくらい

記事を読む

427601

サーバーって種類があるけど何を選べばいいの?

サーバーの種類は大きく分けて4つあります。 ・共用サーバー ・専用サーバー ・VPSサーバー

記事を読む

1611

事例、レビュー 掲載のススメ

自社のホームページに載せるべきコンテンツは何があるでしょうか? 会社の基本的な情報を載せる会社概要

記事を読む

097570

そもそもホームページとは?

ホームページ作成初心者の方へ、ホームページというものを作成していく上で、 まずはその仕組みを理解し

記事を読む

9114e8f3160b60302bd32399ad9a285c_s

何を?誰に向けて?サイトコンセプトを考えよう

ホームページを作る前に、最も重要と言えるのは「サイトコンセプト」を考えることではないでしょうか。デザ

記事を読む

youtube

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

shopping_cart_woman

ショッピングカートからの離脱を減らす方法とは?

ショッピングサイトの命はやはりショッピングカート機能だといっても過言ではありません。お客様が「買いた

記事を読む

Image (5)
まだ遅くない!SEOへの第一歩

せっかくホームページを作ったのに、検索エンジンからのアクセスが伸びない

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショ

1702
リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日

170113_0
グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコ

170123
アクセス解析で全解剖!自社のホームページをもっと知ろう

あなたの会社・お店のホームページには、月に何人の人が訪問しているか、把

→もっと見る

PAGE TOP ↑