Googleが語った!モバイル対応していないサイトは順位が下がる!?

公開日: : ホームページ制作

Googleが検索順位のアルゴリズムの変更を発表

Googleは2015年2月26日に、ホームページがスマートフォンに対応されているかどうかをモバイルでの検索順位に影響させることを発表しました。この変更は2015年4月21日から、日本語を含むすべての言語による検索結果で反映される予定です。そしてその発表に関して、2月27日に開催された「ウェブマスターオフィスアワー」では、Googleのジョン・ミューラー氏から興味深い発言がいくつも飛び出しました。

「ウェブマスターオフィスアワー」とは

「ウェブマスターオフィスアワー」というのを聞いたことはあるでしょうか?
これはGoogleが主催していて、Google+ のハングアウト上で、ホームページの運営やSEOの質問にGoogleの社員が答えたり、直接対話ができる公開型のオンラインセッションです。
これまでに定期的に開催されており、最近ではGoogle日本法人の社員が質問に答えてくれる日本版オフィスアワーも開催されています。
そして2月27日に開催された英語版「ウェブマスターオフィスアワー」では、モバイル検索順位のアルゴリズム変更について様々な質問が寄せられ、Googleウェブマスターツールを担当しているジョン・ミューラー氏がそれについて回答を行いました。
ScreenClip

ジョン・ミューラー氏の回答

どんな変動があるのか

ジョン・ミューラー氏が回答した答えをまとめると以下のような変動があるようです。

・4月21日以降徐々にモバイル対応を行っているサイトが検索順位で優位になる。
・モバイル検索だけで、PCからの検索には影響しない。
・その結果モバイル検索とPC検索で検索結果が大きく異なるようになる可能性もある。

去年の段階ではGoogleはモバイル対策をしているサイトをやや評価しているらしいといった漠然としたもので、Google自身も言明は避けていましたが、この発表により今後ははっきりと優劣をつけていくことがわかります。

なぜスマホ対応が重視されるのか

一番の理由はスマートフォンユーザーが世界的に増加していることにあります。前回の記事(こちら→)でも書きましたが、去年の段階で日本国内においてはGoogleのスマートフォンの検索がPCの検索を上回ったようです。そのような結果も受けて、モバイルユーザーに最適なコンテンツを提供したいと考えるGoogleは、今回のようなアルゴリズムの変更に踏み切ったと考えられます。

モバイルに対応させていないとどうなるのか

ジョン・ミューラー氏は今回の変更により、対応させているホームページの順位は上がるのだから、結果的に対応していないホームページの順位は落ちるだろうと明言しています。しかし本当の問題は検索順位だけではありません。スマートフォンにはパソコンと比べ、画面が小さい、通信速度が遅い、タッチパネルでの操作、など様々な制限があります。読み込み時間、小さい画面での見やすさ・操作性を考えていなければ、ユーザーへの最適な情報が提供できないことになります。具体的にどんな問題があるのかはこちらも参考になると思います→モバイル対応を軽視していると、検索順位も低く、ユーザービリティも悪くなります。これでは良いところ無しですよね。

どうやってモバイル対応させればよいのか

ホームページのスマホ対応には2通りのやり方があります。
1. PCサイトとは別にスマホ専用サイトを作り、スマホから来たユーザーは自動的にスマホサイトに飛ばす方法
2. サイトは分けず、1つサイトで見る人のデバイスによって自動的に表示方法を変わるよう設定する方法

2.のことをレスポンシブデザインと呼びます。Googleはこのどちらの方法を選んだとしても正しく設定されていれば、検索順位に優劣はないと言及しています。しかし管理や運用の面から考えると、レスポンシブデザインのほうがメリットがあるとも認めています。
1.のように専用サイトを作る方法だと、PC版サイト、タブレット版サイト、スマホ版サイトなど3つのサイトを同時に管理しなければいけません。更新にも時間が掛かりますし、更新の際にミスを起こす可能性も増えます。万がミスに気づかずに放っておくとサイトの損失になりますし、検索順位にも悪影響を及ぼす可能性も出てきます。

一方レスポンシブデザインでは、単一のサイトを管理するだけなので、更新作業が1回で済むため手間も掛からずミスも起きにくいというメリットがあるのです。他にもレスポンシブデザインをおすすめする理由はいくつかあります。詳しくはこちらをご参考ください→
img_responsive_04

まとめ

今までも何度もこのブログではホームページのモバイル対応の重要性について言及してきましたが、Googleもついに本腰を入れてホームページのモバイル対応化を推奨していくようです。2015年4月21日と日付を明言したということは、ある意味デッドラインを決めたことを意味しています。もしまだホームページのモバイル対応がまだの方は、急いでモバイル対応を進めていきましょう。神戸のホームページ制作会社ユーシステムではホームページのモバイル対応を支援しています。詳しくはこちら→

関連記事

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

あなたのホームページは大丈夫?セキュリティを支えるSSLとは

サービスの予約やお申込み、商品の購入まで何でもホームページ上でできることが当たり前になった昨今、個人

記事を読む

スマホ対応は必要?

近年、多くの人がガラケーと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンに機種変更をしています。 電話だけか

記事を読む

重要なのはコンテンツ!コーポレートサイトに必要な要素とは

WEBサイトで最も重要なのは、コンテンツ(内容)です。デザインももちろん重要ですし、使いやすさ・見や

記事を読む

どれぐらいかかるの?ホームページにかかるコスト

実際のところ、ホームページを作成したり運営したりするのにどれぐらいコストがかかるのでしょう? 制作

記事を読む

今すぐお問い合わせ数アップ!?フォームのテクニック

あなたの会社のホームページの「目的」はなんでしょうか? 営業で、商品の販売、資料請求の受付や、採用

記事を読む

全業種共通!企業がホームページを持つべき4つの理由

「うちはインターネットで商品を売るわけじゃないし、ホームページは別に要らないんじゃない?」とおっしゃ

記事を読む

なんぼで出来る?ホームページにかかるお金の話

「結局のところ、なんぼで出来るの?」というご相談をいただくことがありますが、ホームページには定価があ

記事を読む

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

コンバージョン率が上がる理想の入力フォームの形とは?

コンバージョンとは、ユーザーからのお問い合わせ・資料請求や会員登録など、そのサイトが設定している目標

記事を読む

コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑