こんなに違う?!スマホとPCの検索キーワード

公開日: : ホームページ制作

今後PCとスマートフォンからの検索結果は変わる

前回Googleが2015年2月26日に、ホームページがスマートフォンに対応されているかどうかをモバイルでの検索順位に影響させることを発表について解説しました。この変更は2015年4月21日から、日本語を含むすべての言語による検索結果で反映される予定です。詳しくはこちら→
この発表で注目すべき点は、PCからの検索結果とスマートフォンからの検索結果が今後変わっていくということです。つまりSEO対策もPCからの検索とスマートフォンからの検索の両面から考えていく必要があるということになります。

スマホユーザーの検索の特徴

Googleの検索結果が変わることはこれからのことですが、すでにスマートフォンとPCでは検索キーワードにかなり差があることがわかっています。この違いも近いうちに検索結果に反映されるようになってくるでしょう。代表的な違いを紹介しましょう。

1.スマホユーザーはカタカナ表記での検索が多い

例えば、英語の名前の商品やサービスなど検索する場合スマートフォンユーザーはカタカナで検索することが多い傾向にあるようです。わかりやすくいうと「Google」よりも「グーグル」、「apple」よりも「アップル」というような感じです。これはスマートフォン特有の「フリック入力」という入力方法によるものだと考えられます。「フリック入力」とは日本語のカナ入力に最適化された入力方法で、カナ入力は素早く正確にできますが、アルファベットはやや入力しにくいという特徴があります。最近の検索エンジンはカタカナでもアルファベットでも、検索結果に違いはほとんどないため、より手軽なカタカナ検索が増えているのでしょう。
ScreenClip

2.スマホユーザーは2語以上で検索する

PCでももちろん2語以上での検索がかなり増えています。しかしスマートフォンでは文字入力の際に予測変換などで、数語入れただけで目的の単語に変換できます。また検索エンジンでも一語入れるだけで、よく検索される組み合わせを教えてくれる機能もあります。最近の検索エンジンでは予測変換よりも予測検索のほうが目的の単語にたどり着くのが早い場合もあり、早く手軽に検索したいスマートフォンユーザーとしては、多少自分の目的とずれたキーワードでも入力し直すより、とりあえず検索してしまおうと考える人が多いのかもしれません。
ScreenClip

3.スマホユーザーは即時性の高いものを検索する

スマートフォンユーザーは、いま必要なもの、いま行きたい場所、いま知りたいことなど、即時性の高いキーワードを検索する割合が高い傾向にあります。PCユーザーはどちらかというと、自宅や会社のPCで、目的とする情報の下調べや比較検討のため、じっくりと検索することが多いと考えられます。例えば気軽に日帰りで行ける旅行の下調べはスマホで行うが、じっくり計画する必要のある地方や海外旅行の下調べはPCで行う人が多いようです。
a21976a10416add6_S

4.スマホユーザーは感情で検索する

世代別では20代と30代が多いようですが、「眠い」「寒い」「ヤバイ」「疲れた」などの感情剥き出しの検索が増えているようです。これらは3で言っていた即時性のケースにもあてはまりますし、2で言っていたようにたいてい2語以上で検索されます。例えば「ねむい ドリンク」などです。これが一昔前なら短くても「眠気に効く ドリンク」などで検索していましたが、今は検索エンジンの進歩により、実は一見意味を成さないようなこの単語だけで検索ができてしまいます。小さい頃からネットで検索するという行為に慣れ親しんでいる若者は、それがわかっているので、できるだけシンプルな言葉で検索する機会が増えているのでしょう。そしてそのシンプルの究極形が感情による検索というわけです。
fd7b29ec-s

まとめ

以上のことを踏まえると、SEOはもちろんWEBマーケティングの方法もターゲットをPCユーザーに絞るか、スマホユーザーに絞るかで変わってくるでしょう。もしスマホとPCの両方を使っているとしたらわかると思いますが、スマホを使っている時はスマホ脳になっていますし、PCを使っている時はPC脳になっているはずです。もはやPCユーザーとスマホユーザーの思考回路は別物と考えるほうが正しいかもしれません。

そして2014年11月のYahoo! JAPANによる調査では、この一年でパソコンのみを使うユーザーが減少、パソコンとスマートフォンの両方を使うユーザーは1.2倍、スマートフォンのみを使うユーザーは1.6倍に増えたと発表しました。詳しくはこちら→
スマホユーザーが増えていくことにより、ますます上記4つの傾向は加速していくと思われます。

今はまだPCサイトだけでもアクセスが十分あるから問題ない、と考えていては、いつのまにか時代に取り残されてしまうかもしれません。これからのSEOでは、PCが主流だった時代のインターネットにおける「常識」を捨てて、スマートフォンユーザーの行動や思考回路を理解し、自分のサイトのユーザーのニーズにあった対応を考えることが大事だと言えるでしょう。
神戸のホームページ制作会社ユーシステムでは今あるホームページのスマホ対応にも力を入れています。詳しくはこちら→

関連記事

a0001_011517

どれぐらいかかるの?ホームページにかかるコスト

実際のところ、ホームページを作成したり運営したりするのにどれぐらいコストがかかるのでしょう? 制作

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

blog_201611_1

採用情報ページを見直して採用率アップ

新卒・中途採用いずれの場合にも、 応募される方にとって企業公式ホームページは重要な判断材料のひとつで

記事を読む

スマホ対応は必要?

スマホ対応は必要?

近年、多くの人がガラケーと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンに機種変更をしています。 電話だけか

記事を読む

059

重要なのはコンテンツ!コーポレートサイトに必要な要素とは

WEBサイトで最も重要なのは、コンテンツ(内容)です。デザインももちろん重要ですし、使いやすさ・見や

記事を読む

webmaster-tools

ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

「Googleウェブマスターツール」とは このブログではGoogleアナリティクスについては何度か

記事を読む

shopping_cart_woman

ショッピングカートからの離脱を減らす方法とは?

ショッピングサイトの命はやはりショッピングカート機能だといっても過言ではありません。お客様が「買いた

記事を読む

aaaUAL

スマホ用ホームページに載せるべき情報とは

スマートフォン用ホームページの重要性はこのブログでも何度も強調してきましたが、これからはホームページ

記事を読む

1803

わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言われるひと言、それは「わかりや

記事を読む

youtube

競合他社と差をつける!Youtubeを使ったSEO対策!

Youtubeとはもちろん誰もが知っている動画投稿サイトです。しかし動画サイトとホームページのSEO

記事を読む

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

thm
時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもス

1801
ホームページの更新が滞るのはなぜ?5つの理由

ホームページ、順調に更新できていますか? 久しぶりにご連絡をいただい

→もっと見る

PAGE TOP ↑