ホームページとの合わせ技!SNSを活用しよう

公開日: : WEB活用術

「SNS」なんて、数年前までは耳慣れない言葉だったのに、今では種類も豊富でユーザーの層にも違いがあり、大企業や自治体までが何らかのSNSを活用していますよね。
中小企業でもFacebookページを作って情報発信したり、店舗のtwitterアカウントを作成してお客さんと交流したり、ユーザー側としても頻繁に目にするようになってきました。
今日はそんなSNSについて、その活用についてご紹介します。

sns_happy

そもそも「SNS」が分からない?

「SNS」って聞いたことはあるし、どういうものかなんとなくは分かるけど、でも「じゃあ説明して!」って言われるとちょっと自信がないかも…という人、いらっしゃいませんか?
SNSとは、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)」の略称 です。
「社会的な・繋がりの・サービス」といったところでしょうか。あまりピンときませんか?
では具体例を見てみましょう。
例えばFacebookは、簡単に言うと「”友だち”を作ってコメントや写真を共有するもの」、
twitterは「140文字以内の文章や写真を共有するもの」です。
つまり「インターネット上でいろんな人といろんなものを共有することで交流し、社会的なネットワークを作るサービス」といったところでしょうか。
ということはこのブログも「文章を書いて皆さんに見てもらい、いくつかの方法でコメントをもらうことができる」ので、これもSNSに当てはまりますね。
このように、「SNS」は結構広い意味で使われている言葉なのです。

数あるSNS、どれを使えばいいの?

「SNS」が何を指すのかはお分かりいただけましたでしょうか?
でもたくさんあるSNS、あなたの会社で使うにはどれがいいでしょう。
たくさんやっている方がいい、なんてことはありません。はじめにあれこれ手を出すと、作ったはいいけど全然更新できない、ということになりかねません。まずは自社に合ったSNSを一つ選んでから始めましょう。

どうやって選ぶか

まずは有名なSNSからひとつ選ぶと良いかもしれません。
有名なSNSは、単純にユーザーが多いと言えます。ユーザーが多いということは、見てもらえる機会が多い、ということになります。せっかく運用するわけですから、少しでも多くの人に見てもらえる方が良いですよね。

Facebookについて

FB-f-Logo__blue_512

有名なSNS、と言えば、まずはFacebookではないでしょうか。
Facebookの創設者でCEOのマーク・ザッカ―バーグについても、名前を聞いたことがあるかもしれません。
Facebookの日本国内ユーザーは約2,400万人と言われており、他のSNSのユーザーに比べると高齢層の利用率が高い傾向にあります。
中小企業のビジネスページも全世界で3,000万ページ開設されており、ビジネスの場で使うユーザーも多いようです。
企業のSNSとして使うなら、Facebookページがおすすめです。
ホームページの新着情報代わりに最新の情報を掲載して、ユーザーの反応を見ることもできます。

Twitterについて

twitter

Twitterの日本国内ユーザー数は約1,980万人と言われており、年齢層は10~20代が多めのやや若い世代に人気のSNSと言えます。
140字までしか書けない、という手軽さが、強みになっています。
企業のアカウントも多くあり、セブンイレブンや東京ディズニーリゾート、ローソン、Nissan等が利用しているようです。
企業での使い方は様々で、PRの為に一方通行的に配信しているアカウント、キャンペーンのために一時的に使うアカウント、お客様とコミュニケーションを取るツールとしてのアカウント、などがあります。

LINEについて

line

LINEの国内ユーザーは約5,200万人で、圧倒的なユーザー数です。
FacebookやTwitterとは違い、LINEは日本発のSNSであり、個人間のメッセージサービスとして大変便利で、台湾やタイにも多くのユーザーがいます。
単にメッセージサービスとしてだけではなく、企業として使うにはより活用しやすいのが「LINE@」アカウントです。
この企業向けアカウントでは、まずお客様に「友だち」になってもらうことで、メッセージの一斉送信が可能です。個別のメッセージをやり取りすることもできるので、簡単な質問にも答えることができます。BtoCで商品を売るような企業なら、セール告知をしたり、オンラインショップに誘導したり、いろいろ使い道がありそうです。

ホームページと合わせてSNSも活用しましょう

他にも様々なSNSがありますが、どれも共通して言えるのは、SNSは上手に使えばあなたの会社のホームページを宣伝してくれるツールになります!ということです。
しかも、ほとんどのSNSは企業も無料で使えるんです。今日ご紹介したFacebook、Twitter、LINE@は、どれも無料で使えるツールなんですよ。これを使わない手はないですよね。
ホームページを作って、お客様が来てくれるのをただ待つ、というのでは、今の時代なかなか厳しいところがあるでしょう。
あなたの会社に合ったSNSをうまく活用することで、ホームページにお客様を呼んでくることができます。
上手な活用法がわからない…そんな方は神戸のホームページ制作会社ユーシステムにご相談ください。

関連記事

b7de25cce3b88336538f2c6208b07aa5_s

Webで売る!決済方法について知ろう

ネットショップをスタートさせて、直接的に利益をうむホームページを作ってみると、今まで取引のなかったお

記事を読む

fb

中小企業必見!Facebookの活用例

FacebookやTwitterなど、さまざまなソーシャルメディアを利用して、企業がマーケティングを

記事を読む

meisi

名刺でも集客!ホームページにアクセスしてもらうためのアイデア

せっかく作ったホームページですから、たくさんの人にアクセスしてもらいたいですよね。 ホームページに

記事を読む

lineat_ogp

中小企業の味方「LINE@」の活用法とは

前回は、中小企業が今もっとも活用すべきSNSは「LINE@」であり、その理由をご紹介しました。 今

記事を読む

webmaster-tools

ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

「Googleウェブマスターツール」とは このブログではGoogleアナリティクスについては何度か

記事を読む

google_analytics_oficial

Googleアナリティクス活用講座 基本編

8月27日の記事でHPのアクセス数を見るためにGoogleアナリティクスの導入方法を説明しました。し

記事を読む

social-media-vector-buttons-set_23-2147493917

企業のためのSNSの活用の仕方

SNSの利用者は現在国内だけで6千万人以上と言われ、Facebook、Twitter、Google+

記事を読む

blog_201611_1

採用情報ページを見直して採用率アップ

新卒・中途採用いずれの場合にも、 応募される方にとって企業公式ホームページは重要な判断材料のひとつで

記事を読む

10956891_1689946247899165_130478895_n

メリットいろいろ!Facebook広告

集客数アップやお問い合わせ数、購買数アップのための手段として「リスティング広告」や「リマーケティング

記事を読む

1612

オムニチャネルについて考える!新時代のマーケティング

”オムニチャネル”という言葉、最近よく耳にしませんか?どういう意味かご存知でしょうか? もちろん知

記事を読む

Image (5)
まだ遅くない!SEOへの第一歩

せっかくホームページを作ったのに、検索エンジンからのアクセスが伸びない

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショ

1702
リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日

170113_0
グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編

あなたがネットショッピングを利用する際、無意識に一番最初に目に入れるコ

170123
アクセス解析で全解剖!自社のホームページをもっと知ろう

あなたの会社・お店のホームページには、月に何人の人が訪問しているか、把

→もっと見る

PAGE TOP ↑