ホームページとの合わせ技!SNSを活用しよう

公開日: : WEB活用術

「SNS」なんて、数年前までは耳慣れない言葉だったのに、今では種類も豊富でユーザーの層にも違いがあり、大企業や自治体までが何らかのSNSを活用していますよね。
中小企業でもFacebookページを作って情報発信したり、店舗のtwitterアカウントを作成してお客さんと交流したり、ユーザー側としても頻繁に目にするようになってきました。
今日はそんなSNSについて、その活用についてご紹介します。

sns_happy

そもそも「SNS」が分からない?

「SNS」って聞いたことはあるし、どういうものかなんとなくは分かるけど、でも「じゃあ説明して!」って言われるとちょっと自信がないかも…という人、いらっしゃいませんか?
SNSとは、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)」の略称 です。
「社会的な・繋がりの・サービス」といったところでしょうか。あまりピンときませんか?
では具体例を見てみましょう。
例えばFacebookは、簡単に言うと「”友だち”を作ってコメントや写真を共有するもの」、
twitterは「140文字以内の文章や写真を共有するもの」です。
つまり「インターネット上でいろんな人といろんなものを共有することで交流し、社会的なネットワークを作るサービス」といったところでしょうか。
ということはこのブログも「文章を書いて皆さんに見てもらい、いくつかの方法でコメントをもらうことができる」ので、これもSNSに当てはまりますね。
このように、「SNS」は結構広い意味で使われている言葉なのです。

数あるSNS、どれを使えばいいの?

「SNS」が何を指すのかはお分かりいただけましたでしょうか?
でもたくさんあるSNS、あなたの会社で使うにはどれがいいでしょう。
たくさんやっている方がいい、なんてことはありません。はじめにあれこれ手を出すと、作ったはいいけど全然更新できない、ということになりかねません。まずは自社に合ったSNSを一つ選んでから始めましょう。

どうやって選ぶか

まずは有名なSNSからひとつ選ぶと良いかもしれません。
有名なSNSは、単純にユーザーが多いと言えます。ユーザーが多いということは、見てもらえる機会が多い、ということになります。せっかく運用するわけですから、少しでも多くの人に見てもらえる方が良いですよね。

Facebookについて

FB-f-Logo__blue_512

有名なSNS、と言えば、まずはFacebookではないでしょうか。
Facebookの創設者でCEOのマーク・ザッカ―バーグについても、名前を聞いたことがあるかもしれません。
Facebookの日本国内ユーザーは約2,400万人と言われており、他のSNSのユーザーに比べると高齢層の利用率が高い傾向にあります。
中小企業のビジネスページも全世界で3,000万ページ開設されており、ビジネスの場で使うユーザーも多いようです。
企業のSNSとして使うなら、Facebookページがおすすめです。
ホームページの新着情報代わりに最新の情報を掲載して、ユーザーの反応を見ることもできます。

Twitterについて

twitter

Twitterの日本国内ユーザー数は約1,980万人と言われており、年齢層は10~20代が多めのやや若い世代に人気のSNSと言えます。
140字までしか書けない、という手軽さが、強みになっています。
企業のアカウントも多くあり、セブンイレブンや東京ディズニーリゾート、ローソン、Nissan等が利用しているようです。
企業での使い方は様々で、PRの為に一方通行的に配信しているアカウント、キャンペーンのために一時的に使うアカウント、お客様とコミュニケーションを取るツールとしてのアカウント、などがあります。

LINEについて

line

LINEの国内ユーザーは約5,200万人で、圧倒的なユーザー数です。
FacebookやTwitterとは違い、LINEは日本発のSNSであり、個人間のメッセージサービスとして大変便利で、台湾やタイにも多くのユーザーがいます。
単にメッセージサービスとしてだけではなく、企業として使うにはより活用しやすいのが「LINE@」アカウントです。
この企業向けアカウントでは、まずお客様に「友だち」になってもらうことで、メッセージの一斉送信が可能です。個別のメッセージをやり取りすることもできるので、簡単な質問にも答えることができます。BtoCで商品を売るような企業なら、セール告知をしたり、オンラインショップに誘導したり、いろいろ使い道がありそうです。

ホームページと合わせてSNSも活用しましょう

他にも様々なSNSがありますが、どれも共通して言えるのは、SNSは上手に使えばあなたの会社のホームページを宣伝してくれるツールになります!ということです。
しかも、ほとんどのSNSは企業も無料で使えるんです。今日ご紹介したFacebook、Twitter、LINE@は、どれも無料で使えるツールなんですよ。これを使わない手はないですよね。
ホームページを作って、お客様が来てくれるのをただ待つ、というのでは、今の時代なかなか厳しいところがあるでしょう。
あなたの会社に合ったSNSをうまく活用することで、ホームページにお客様を呼んでくることができます。
上手な活用法がわからない…そんな方は神戸のホームページ制作会社ユーシステムにご相談ください。

関連記事

040192

効果をあげるランディングページとは

ホームページとは別の、独立したページとしてランディングページがあることを、先日こちらの記事でご紹介し

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!後編

先月の記事、「グッとくる画像でアクセスアップにつなげよう!前編」でショッピングサイトで扱う画像につい

記事を読む

illust3684

鮮度が命のホームページ!CMSで更新しよう

ホームページは「鮮度が命」です。 常に最新の情報を掲載し、タイムラグなく発信することが求められてい

記事を読む

ScreenClip

Yahoo! が新たな広告掲載方式を発表!その狙いと効果とは?

Yahoo!Japan!は5月20にスマートフォン版とアプリ版のトップページを新デザインにリニューア

記事を読む

l_120

最近多い「○○に脆弱性が発覚!」でも脆弱性ってそもそも何?

脆弱性とはコンピュータのソフトウェアやシステムにおいて、プログラム上の設計ミスや不具合が原因となって

記事を読む

079

今すぐ中小企業が活用すべき次のSNSとは!?

今年の10月に無料通話・メールアプリ「LINE」が、登録ユーザー数が世界で5億6000万人を突破した

記事を読む

082979

確実に情報を探したい時の、Google検索のコツ

「知りたい情報があるのにどうやって検索すればいいのかわからない」「探しても探しても見つからない」と思

記事を読む

019

最近よく聞くクラウドサービスって何だろう?

クラウドサービスとはソフトやハードウェアを導入せずに、インターネット上で利用できるサービスのことです

記事を読む

fb

中小企業必見!Facebookの活用例

FacebookやTwitterなど、さまざまなソーシャルメディアを利用して、企業がマーケティングを

記事を読む

1710
インターネットに安心・安全を…SSLのススメ

「SSL」って何でしょう?聞いたことありますか? 名前だけは聞いたこ

3
いつどこからどうやってアクセスしているの?ユーザーの動向を把握しよう!

ホームページを運営されている方が一番気になるのが、ホームページへアクセ

1709
なんぼで出来る?ホームページにかかるお金の話

「結局のところ、なんぼで出来るの?」というご相談をいただくことがありま

170913
2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はad

田中さん用サムネイル
動画コンテンツを取り入れる!使えるアイディア集

スマートフォンの普及によって身近になったもののひとつは「動画」ではない

→もっと見る

PAGE TOP ↑