ホームページの更新費用を安くする方法とは?

公開日: : ホームページ運用

ホームページは完成してからがスタート!手をかけて育てていく必要があります!とお伝えしてきましたが、現実はそう簡単ではありませんよね。
毎日更新できればいいな、とは思うものの、実際は毎度制作会社に依頼をして見積をもらって社内で検討して…と時間がかかり、そのたびに更新費用がかかります。「費用がかかるから、あんまり細かいことは更新しなくていいか…」と思ってしまいがちですよね。

89e0f0d1e5fc8641c5c4917d4695445b_s

今日はその更新費用を安くする方法のひとつをご紹介します。しかも更新費用が安くなる以外のメリットもあるので必見です!

自社で更新できるシステムを導入する

自社で更新できるシステム、専門的な用語では「コンテンツマネージメントシステム」の略で、「CMS」と言います。
種類は様々ですが、どれも簡単にホームページを編集・更新できるシステムとなっています。
本来ホームページを作るにはテキストや画像を用意するだけではなく、HTMLやCSSといった専門的な知識が必要で、大変手間のかかるものです。
CMSを導入すれば、その専門的な知識のほとんどをシステムに制御させることができ、テキストや画像など、表示したい情報を入力していくだけで、簡単にホームページを更新することができるのです。
もちろん外部の制作会社に依頼する必要がなくなるので、更新費用を大幅に安くすることが可能になります。

どんなメリットがあるの?

ではCMSの導入で、どんなメリットがあるのか、ご紹介しましょう。
・社内のスタッフで更新できるので、コスト削減になる
・誰でも更新できるので、社内の担当者を決めなくてもよい
・依頼したり見積を待つ時間がなくなるので、更新スピードが早くなる
・もし間違った更新をしても、すぐに直すことが出来る
・専門スタッフを雇う必要がなくなり、コスト削減になる
・インターネット上にある管理画面で更新できるので、場所の制限がなくなる

このように、コスト的にも時間的にも様々なメリットがあります。
また、どのCMSを使うかにもよりますが、次のようなメリットもあります。
・時間を指定して情報を公開することができるので、拘束時間削減になる
・更新できる範囲を振り分けて、複数人で運営することもできる
・テンプレートで全体のデザインを統一できるので、見栄えがよくユーザーも使いやすい

CMSを活用するには

様々なメリットがあるCMSは魅力的ですが、どのホームページにでも導入すれば良い、というわけではありません。もちろん向き、不向きがあります。
ではどんな部分でCMSを導入すればうまく活用できるかご紹介しましょう。

6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s

例1:すぐ公開したい情報はCMSで

「○○入荷しました」や「○日の○時からセールを実施します」というような、すぐに公開してこそ意味のある情報、スピード感の求められる情報を更新するとき、CMSがあれば非常に便利です。
外部の制作会社に出している時間がもったいない!今お知らせしなければ!という情報の更新に、CMSは最も向いています。

例2:頻繁に変更がある情報はCMSで

定期的、不定期的に関わらず、頻繁に変更がある情報は、時間や場所の制限なく更新ができるCMSが向いています。専門的な知識が要らないので、人の制限もなくすことができ、テンプレートで全体のデザインは統一されているので、毎回違う人が更新しても、ほぼ変わらないページを作ることができます。

例3:いろんな人が更新する情報はCMSで

例えば会社のブログなど、複数の人が更新する情報は、CMSで更新すると便利です。多くのCMSではユーザーIDを複数作ることができるので、「いつ誰がどんな情報を更新したか」も見ることができます。

SEOにも強い!

さらに嬉しいことに、CMSを導入すると、SEOに強いホームページにすることが出来るんです。それはCMSの「構造」がSEOに有利だと言われているからです。
例えばお知らせ記事をひとつアップすると、CMSはホームページの合計ページ数を1ページ増やし、さらにトップページやお知らせ一覧ページからのリンクも自動的に増やします。
このように、記事をひとつアップしただけで、複数のページに変更が生じるため、検索ロボットには「このホームページは更新されているな、放ったらかしになっていないな」と思ってもらえるのです。
さらにURLも検索ロボットが好むとされる統一されたものにでき、全体はテンプレート化されているので、不要なコードが増えることもありません。
人間の目で見て「きれいなホームページだな」と思うものと、検索ロボットが見てそう思うものは必ずしも一致しないのですが、CMSを導入すると人間にも検索ロボットにも好かれるホームページにすることが出来るのです。

まとめ

更新費用削減や、時間短縮を可能にするCMSの魅力、少しでも伝わったでしょうか?
それぞれの会社に合ったCMSの活用法がありますので、ぜひご相談ください。
CMS導入について、詳しくはこちら!

関連記事

赤く囲った部分がリスティング広告です

集客のためにできること!リスティング広告を出してみよう

コンテンツをたくさん用意して、素敵なホームページが出来たら、ぜひたくさんの人に見てもらいたいですよね

記事を読む

mark_syoshinsya

初心者向け!アクセス解析の基礎知識

ホームページを作成した後、私たちは手をかけてホームページを育てていくこと、つまりホームページの運用に

記事を読む

1610_blog3

ショッピングサイトで購買数をアップする7つの方法[後編]

先月の記事で「前編 」をアップしましたが、今回は「後編」として引き続き「ショッピングサイトで購買数を

記事を読む

150501

”見込み客数”がアクセス解析で見える!

あなたの会社の製品やサービスに、興味を持ってくれている人、購入する可能性のある人は「見込み客」です。

記事を読む

006

今日からできる!SEO対策

「SEO対策」というと、なんとなくとっつきにくさが先行してしまい、難しそうだしなんだか良く分からない

記事を読む

170913

2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はadobe社がサポートしている、イ

記事を読む

aaaUAL

アクセス解析からユーザーが求めている情報を探ろう

このブログでは何度も言っている通りホームページは作って終わりではありません。常に改善を繰り返していく

記事を読む

net_shopping_pc

ショッピングサイトで購買数をアップする7つの方法 [前編]

最近は維持費用を安く済ませられるサービスがたくさんあり、実店舗だけでなく、インターネットでも売りたい

記事を読む

20140804120346-240S

担当者必見!採用にもホームページを活用しよう!

お客様に向けての情報発信のためだけにホームページを活用していませんか? ホームページは採用にも活用

記事を読む

スマホ対応は必要?

スマホ対応は必要?

近年、多くの人がガラケーと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンに機種変更をしています。 電話だけか

記事を読む

1806
コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑