SEO対策に効くスマートフォンサイトのデザインとは?

2015年2月27日、Googleが公式に発表した「ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用する」という大きな変更が、2015年4月21日に実施されます。
PCを持たず、スマートフォンのみ所有するユーザーも珍しくありませんし、
その手軽さで、PCがある場所でもスマホを使う機会も多くありますから、今まで以上にスマートフォンにも強いSEO対策が必要になってくるでしょう。
今日はSEO対策に効く!スマートフォンサイトはどんなものか?それを考えていきましょう。

モバイルフレンドリーって何?

「ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうか」って、そもそも「モバイルフレンドリー」が何か分からない、という方もいらっしゃいますよね。
モバイルフレンドリーとは、簡単に言うと「モバイルユーザー向けに見やすくレイアウト、デザインされているかどうか」ということです。

ad26344eff5fb442db325328585ad438_s

みなさんもスマホでホームページを見ているとき、経験があるかもしれませんが、
・スマホで見ると文字が小さすぎて、拡大しないと読めない
・サイト全体を見られないので、横スクロールと縦スクロールを繰り返さなければならない
・リンクが小さすぎてタップしたくてもできない
・リンク同士が近すぎて、タップしたいところをタップできない
というようなホームページは、モバイルフレンドリーとみなされません。

どういうサイトがモバイルフレンドリー?

上記をふまえて、つまり「モバイルフレンドリー」とは、
・拡大、縮小をしなくても文字が読める
・サイト全体がスマホの幅にぴったり
・タップしやすいサイズのバナー、ボタン
というような条件が満たされていること、となります。
あなたの会社のホームページはどうでしょう?モバイルフレンドリーですか?

検索結果、どのくらい変わるの?

現時点ではどのくらい影響が出るかは分かっていません。
Googleの公式発表では「この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Googleの検索結果に大きな変化をもたらします」としていますが、実際のところは2015年4月21日になってみないと分かりません。また、21日に一度に実施されるかどうかもまだ分かっていないようです。少しずつ実施されていく可能性もあります。
しかしGoogleも急にこんな変更を発表したわけではなく、以前からいろいろ対策をしていました。そのひとつが下図のような[スマホ対応]というラベルの設置です。

sp
2014年の冬ごろから設置されており、既にモバイルユーザーの利便性を考えた変更がGoogleによって行われていたということになります。
日々アップデートを繰り返し、より便利な検索エンジンを目指すGoogleですから、今回の変更も納得がいきますよね。

どんなスマホサイトにすればSEO対策に効く?

例1.レスポンシブデザインで対応

Googleが推奨しているスマートフォンへの対応方法が、このレスポンシブデザインです。
PC、スマホ、タブレット…とあらゆる機器が存在し、また今後も増えていくことが予想される今、それぞれの専用サイトを作るのはあまりにもコストがかかりますし、時間もかかりますよね。
レスポンシブデザインとは、機器の画面サイズによって自動的にレイアウトが切り替わるようにするもので、その結果どんな機器でも最適なデザインで情報提供をすることができます。
URLも単一にできるので、ユーザーが他の人にURLを送ったり、別の機器で見るときにも便利です。

例2.ページの読み込み時間を短くする

ページを開くとき、なかなか読み込みできなくて、待つ時間が長い…といった経験がありませんか?
スマホを使うシーンは移動中、隙間時間、通勤途中、など、特に時間がない場合がイメージされます。そんな時に表示速度の遅いホームページ、不便ですよね。
Googleはホームページの表示速度も検索結果に影響すると発表し、これは既に実施されているようです。
スマホではPCに比べると回線が安定していない場合がありますので、表示速度には気を付けましょう。

例3.Flashを使わない

一時はホームページのメインイメージにFlashムービーを入れることが多くありましたし、Flashのみで構築されているホームページもよくありました。
しかし、多くのスマートフォンでは、Flashを再生することができません。
せめて代替画像を表示させるなど、工夫が必要です。

まとめ

今のところ、2015年4月21日以降スマホでの検索結果がどんな動きを見せるかは不透明な部分がありますが、繰り返しアップデートを行いより良い検索エンジンにするための最適化を行ってきたGoogleがいよいよモバイル対策をスタートするわけです。
あなたの会社のホームページでも、スマホユーザーに便利に使ってもらうための工夫が必要になってきます。
また、全てのページをスマホ対応しなくても、主要なページやスマホユーザーによく見られているページだけでも対応すると、ページ単位の評価を得ることができます。
なんだかよく分からないし時間もないし、まぁいいか…と思わずに、スマホ対応もぜひご相談ください。

スマホ対応やSEO対策のご相談は神戸のホームページ制作会社ユーシステムまで!

関連記事

google_analytics_oficial

Googleアナリティクス活用講座 基本編

8月27日の記事でHPのアクセス数を見るためにGoogleアナリティクスの導入方法を説明しました。し

記事を読む

ScreenClip

コンバージョン率が上がる理想の入力フォームの形とは?

コンバージョンとは、ユーザーからのお問い合わせ・資料請求や会員登録など、そのサイトが設定している目標

記事を読む

040

全業種共通!企業がホームページを持つべき4つの理由

「うちはインターネットで商品を売るわけじゃないし、ホームページは別に要らないんじゃない?」とおっしゃ

記事を読む

youtube

Youtubeからホームページに人を呼ぶ動画作りとは!?

前回は、Youtubeが実はホームページのSEO対策につながる、というお話でしたが、今回は実際にどん

記事を読む

ScreenClip

自分のホームページのアクセス数が知りたい。

ホームページのアクセス数などを調べることをアクセス解析といいます。これによりホームページがどのくらい

記事を読む

1611

事例、レビュー 掲載のススメ

自社のホームページに載せるべきコンテンツは何があるでしょうか? 会社の基本的な情報を載せる会社概要

記事を読む

427601

サーバーって種類があるけど何を選べばいいの?

サーバーの種類は大きく分けて4つあります。 ・共用サーバー ・専用サーバー ・VPSサーバー

記事を読む

会社の顔

良いホームページとは

今の時代、ほとんどの会社が自社のホームページを持っています。 最新の技術を活かしたものや、テキスト

記事を読む

b7de25cce3b88336538f2c6208b07aa5_s

Webで売る!決済方法について知ろう

ネットショップをスタートさせて、直接的に利益をうむホームページを作ってみると、今まで取引のなかったお

記事を読む

9114e8f3160b60302bd32399ad9a285c_s

何を?誰に向けて?サイトコンセプトを考えよう

ホームページを作る前に、最も重要と言えるのは「サイトコンセプト」を考えることではないでしょうか。デザ

記事を読む

1806
コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑