Yahoo! が新たな広告掲載方式を発表!その狙いと効果とは?

公開日: : WEB活用術

Yahoo!Japan!は5月20にスマートフォン版とアプリ版のトップページを新デザインにリニューアルすると発表しており、4月1日からすでに一部は先行公開されています。そしてその変更に伴い、本日からスマートフォン版のYahoo! JAPANで、新しい広告掲載方式「プレミアムビジョン」と「インフィード広告」の掲載がスタートしました。

Yahoo! JAPANのリニューアルのねらいは?

Yahoo! のスマートフォン版はこれまで、PC版のトップページの情報をスマホでもより見やすく、使いやすくなるように設計されていました。しかし今回のトップページリニューアルや広告の追加はモバイル版だけの変更であり、これまでの形だけのスマホ対応ではなく、PC版とは完全に意識を切り離し、本当の意味でモバイルユーザーのことを考えるモバイルファーストの意識が根底に見えます。

Yahoo!JAPANの検索ユーザーのほぼ半分がスマートフォンから利用しており、最近ではインターネットをスマートフォンでしか利用しないユーザーも増加しています。情報の表示量が限られ、日々の隙間時間の中で利用されるというスマートフォンの特性から考えた新しい形を模索しているようです。それではこのモバイル専用の新しい広告形態はどういったものなのでしょうか。

新広告「プレミアムビジョン」って何?

まずプレミアムビジョンはYahoo!JAPAN独自の広告で、ビデオ形式の広告をYahoo!JAPANのトップページのファーストビューに掲載できる広告のことです。テレビCMと同じ素材が使用できるようです。今までもPC版にはビデオ広告が掲載可能でしたが、スマホ用にも最適化した形でビデオ広告が掲載できるようになるようです。ScreenClip

新広告「インフィード広告」って何?

インフィード広告とはネイティブ広告の一種で、ネイティブ広告とはコンテンツに溶け込むようなデザインに最適化したうえで広告を表示する広告のことをいいます。そしてインフィード広告は、一見ブログやニュース記事が投稿されているように見せる広告のことをいいます。Yahoo!JAPANの場合には、Yahoo!ニュースで表示される記事と記事の間に表示され、広告自体も一つの記事であるかのように表示させることができます。またYahoo!のインフィード広告では、従来のディスプレイ広告と同じく、ターゲティングおよびマッチング機能を活用し、指定したターゲット層へのアプローチが可能です。ScreenClip

バナー広告とは違うインフィード広告のメリットとは

プレミアムビジョンは明らかに大口顧客の大企業向けの広告ですので、中小企業が注目すべきはやはりインフィード広告です。インフィード広告はすでにTwitterやFacebookなどのSNSやスマホ用アプリなどではすで取り入れられ、効果を上げています。

メリットとしてはユーザーに広告と意識させないで見てもらうことが出来るという点があります。近年では、バナー広告やリスティング広告などの表示方法ではユーザーが見向きもしてくれないケースも多くなっています。バナー広告よりもインフィード広告の方が、クリック率もコンバージョン率もアップした、という事例が多くあります。

インフィード広告を効果的に活用するためのポイント

しかしインフィード広告にはバナー広告以上に注意しなければいけない点があります。それは広告と意識させないような作りのため、広告だとわかったユーザーが「騙された」等の不快感を覚えてしまう可能性があるということです。

単純にバナー広告と同じような意識で、商品やサービスのPRページや申し込みフォームに直接飛ばしてしまうと逆効果になってしまうかもしれません。広告でありつつも、広告らしさを軽減する事が重要になります。特にはYahoo!JAPANのようなニュースの記事として表示されるインフィード広告は、単純な広告では無くユーザーにとって有益な情報を提供するものでないといけません。

例えばニュース風の自社商品に絡めたお役立ち情報を提供し、その後PRページに誘導するなどして、通常の広告より1ステップ追加することで効果を上げている企業もあります。またターゲッティングも非常に重要です。全てのネット広告に言えることですが、ネット広告はその情報がほしいと思う人の目に止まらなければクリックされることはありません。そして特にニュース記事にまぎれて表示させるようなインフィード広告は、従来の広告と違いデザインを目立たせて目に留めてもらうといった手法を取りにくいのです。そのためきちんと最初にターゲットを設定し、そのターゲットが目を惹くだろうタイトルや内容を考え制作する必要があります。

まとめ

インフィード広告を出すときは上記の点に注意し、まずコンテンツ自体が商品や企業イメージを損ねるものではないか、設定したターゲットにとって役立つ情報が提供できているかを、よく吟味して出稿するようにしましょう。Yahoo!JAPANではスマートフォン版の新しいトップページのみですが、今日からインフィード広告の掲載が始まっています。今後、Yahoo! JAPANアプリのトップページ含め、掲載面は順次拡大する予定です。

現在のバナー広告やリスティング広告の効果が出なくなってきた、という企業様は出稿を検討してみてはいかがでしょうか。広告を出稿したいが方法がわからない、とお困りの方は神戸のホームページ制作会社ユーシステムにお気軽にお問い合わせください。詳細はこちら→

関連記事

illust3684

鮮度が命のホームページ!CMSで更新しよう

ホームページは「鮮度が命」です。 常に最新の情報を掲載し、タイムラグなく発信することが求められてい

記事を読む

1702

リスティング広告だけじゃない!オンライン広告を使ってみよう

オンライン広告、と聞くと、どのようなものを思い浮かべるでしょう? 日頃一番多く目にするのは「リステ

記事を読む

10956891_1689946247899165_130478895_n

メリットいろいろ!Facebook広告

集客数アップやお問い合わせ数、購買数アップのための手段として「リスティング広告」や「リマーケティング

記事を読む

google_analytics_oficial

Googleアナリティクス活用講座 基本編

8月27日の記事でHPのアクセス数を見るためにGoogleアナリティクスの導入方法を説明しました。し

記事を読む

170913

2020年末に「Flash」のサポートが終了します

皆様、「Flash」をご存じでしょうか。 「Flash」 はadobe社がサポートしている、イ

記事を読む

webmaster-tools

ウェブマスターツールで、検索エンジンに好かれるホームページに!

「Googleウェブマスターツール」とは このブログではGoogleアナリティクスについては何度か

記事を読む

082979

確実に情報を探したい時の、Google検索のコツ

「知りたい情報があるのにどうやって検索すればいいのかわからない」「探しても探しても見つからない」と思

記事を読む

019

最近よく聞くクラウドサービスって何だろう?

クラウドサービスとはソフトやハードウェアを導入せずに、インターネット上で利用できるサービスのことです

記事を読む

150320

ホームページとの合わせ技!SNSを活用しよう

「SNS」なんて、数年前までは耳慣れない言葉だったのに、今では種類も豊富でユーザーの層にも違いがあり

記事を読む

田中さん用サムネイル

動画コンテンツを取り入れる!使えるアイディア集

スマートフォンの普及によって身近になったもののひとつは「動画」ではないでしょうか。 従来の携帯電話

記事を読む

thm
時代はスマホ中心へ!モバイルファーストインデックスとは

2015年5月にGoogleから、「Google検索はパソコンよりもス

1801
ホームページの更新が滞るのはなぜ?5つの理由

ホームページ、順調に更新できていますか? 久しぶりにご連絡をいただい

1710
インターネットに安心・安全を…SSLのススメ

「SSL」って何でしょう?聞いたことありますか? 名前だけは聞いたこ

3
いつどこからどうやってアクセスしているの?ユーザーの動向を把握しよう!

ホームページを運営されている方が一番気になるのが、ホームページへアクセ

1709
なんぼで出来る?ホームページにかかるお金の話

「結局のところ、なんぼで出来るの?」というご相談をいただくことがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑