ショッピングカートからの離脱を減らす方法とは?

ショッピングサイトの命はやはりショッピングカート機能だといっても過言ではありません。お客様が「買いたい」と思った商品をカゴに入れ、実際に購入まで導くのがショッピングカート機能の役割です。この機能がしっかり整備されていなければ、どんなに良い商品も購入には繋がりません。実は商品を買い物カゴに入れたにも関わらず、購入に至らないというケースは意外と多いのです。このことをかご落ちといいます。

“カゴ落ち”とは

かご落ちとは、お客様が商品を選択し、ショッピングカートに入れたにもかかわらず、途中で買い物を中断してしまうことを表す言葉です。せっかく集客しても途中で買い物を辞めてしまわれては意味がありません。しかし、このかご落ち率は一般のネットショップで70%近くもあると言われています。

なぜカゴ落ちが発生するのか

かご落ちが発生する原因は、ショッピングカートの流れが複雑でわかりにくい、個人情報の入力フォームで記入項目が多すぎるなどの理由が考えられます。ショッピングカートは、商品の選択、合計金額の確認、送料の確認、決済方法の選択、注文主情報の登録、注文内容の確認などいくつかのステップで注文手続きを行います。このステップが長くなればなるほどかご落ちの可能性は高まります。最小限のステップで注文が完了できるようにしましょう。 個人情報の入力フォームも安易に項目設定してはいけません。ついマーケッティングの意味も兼ねてあれもこれもと項目を追加し、さらにはアンケートまで追加されているものも見かけますが、取引に必要な最低限の項目に抑えましょう。obasan_question

カゴ落ち対策の6つポイント

1. 送料無料をアピールする

送料無料、あるいは合計金額などの条件で送料無料になるというような場合には、ユーザーの購買意欲を促進できる可能性があります。積極的にその旨を明示しましょう。soumu

2. 追加費用はなるべく早いタイミングで表示

ユーザーがショッピングカートから離脱する理由は「予想していなかったコストがかかった」というものも多いようです。購入へ進んでいく中で、できるだけ早い段階でユーザーが決済の合計金額をイメージできていれば、このような認識のズレを起こすことはありません。送料だけでなく、消費税、各種手数料なども同様に、できるだけ早い段階で合算した購入合計金額として表示するようにしましょう。ScreenClip

3. 会員登録を避ける

多くのユーザーは会員登録しなければならないことを理由にカートから離脱をすることもあります。新規顧客にも優しい会員登録なしでも購入を完了できるような仕組みにすることで、カゴ落ち率を改善できます。

4.決済時のクーポンコードなどは避ける

ユーザーにとっては嬉しいはずのクーポンコードですが、時にはユーザーが割引クーポンを求めてカートを離脱してしまうことがあります。購入前にクーポンの存在に気づいたユーザーが、利用できるクーポンがないかを探すためにフォームから離脱してしまう可能性があるのです。クーポンやディスカウント等のアピールは「買い物中」にのみ行い、ショッピングカートに入ったユーザーにはフォーム入力に集中してもらえるようにしましょう。coupon_03

5.セキュリティとプライバシーの安全性をアピールする

安全性をアピールするためには、使用しているSSLなどのセキュリティロゴを表示することが最もてっとり早く効果的な方法です。またロゴの表示のほかにも、個人情報取り扱いへの取り組みなどのポリシーを表示し、クレジットカードなどの重要情報の入力欄では積極的にアピールすることが大切です。30520302_ssl

6.返品ポリシーを表示する

商品購入時に気がかりなもう一つの点は、キャンセル料の有無や返品の不可などの返品ポリシーです。商品にもよりますが、オンラインショッピングでは実際に商品を手にとって確認できないため、それが「イメージと違ったらどうしよう」という懸念材料になり、購入にブレーキをかけてしまう可能性があります。返品についてはっきり記載されていることで、ユーザーは安心して商品購入を続けることができます。l_e_company_140

まとめ

いがかでしょうか。ショッピングサイトにおけるショッピングカートの重要性は理解してもらえたかと思います。一見どれも当たり前のことのようですが、意外とこれらができていないショッピングサイトは多いですよ。自社のショッピングサイトの売上が伸びないと悩んでいる方は、商品だけでなくショッピングカートも見なおしてみてはいかがでしょうか。

また神戸ホームページ制作会社のユーシステムではショッピングサイトの作成も承っています。お問い合わせはこちら→

関連記事

自社サイトは既にある。

自社のホームページは既にある。でも活用できているかはわからない

自社のホームページは既にあるが、本当に活用できているかはわからない。 こんな風に思っている企業

記事を読む

ネットショップ

そもそもネットショッピングとは

自社で取り扱っている商品を、ネットショップで出品してみようかなとお考えの方は いらっしゃると思いま

記事を読む

1706

ネタ切れで困ってない?会社ブログを続ける秘訣

会社でスタッフブログをやっているのって、最近ではめずらしいことではなくなってきましたよね。 広報部

記事を読む

150731

お客様を上手に導く!ランディングページの考え方

ホームページの目的は ・企業のPRのため ・ショップサイトで商品を購入してもらうため ・商談に

記事を読む

1806

コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがない」という企業は、中小企業でも

記事を読む

021

費用をかけずに集客する方法

ホームページへの集客、というと「リスティング広告」や「リマーケティング広告」など、お金のかかることだ

記事を読む

l_e_others_250

企業がホームページをFacebookと連携させる意味とは?

数あるソーシャルメディアの中でも特に、ホームページとの連携に積極的なのがFacebookです。何気な

記事を読む

img_kaiketsu2_01

企業ホームページに、スマートフォン対応は必要か否か

現代は企業にホームページがあるのは当たり前となっています。しかしこれだけスマートフォンの普及が進

記事を読む

自社で更新

自社で定期的にホームページを更新したい!更新システムを利用する場合

ホームページ制作会社へ依頼をした場合、必ず聞かれるのが 自社での更新を行うかどうかということ。

記事を読む

a0001_011517

どれぐらいかかるの?ホームページにかかるコスト

実際のところ、ホームページを作成したり運営したりするのにどれぐらいコストがかかるのでしょう? 制作

記事を読む

1806
コンテンツを強化しよう!作りっぱなしのホームページにお別れを

今どき「ホームページがない」「今まで一度もホームページを作ったことがな

1804
広告を使って集客してみよう!リマーケティング広告編

自社のホームページがどうやって集客しているのか、みなさんはどれくらいご

Image11
ブラウザのセキュリティ強化で全ページSSL導入の必要が?

皆さんはインターネットを使われる際に、ブラウザの変化に気づかれたことは

1803
わかりやすいホームページって何だろう…情報の精査と選別

ホームページのリニューアルなど、新たに作成するも含め、お客様からよく言

1802
お問い合わせメールの前と後に、私たち企業ができること

私は普段、お客様からのご依頼を受けてホームページを作成したり、更新した

→もっと見る

PAGE TOP ↑